外科

スタッフ紹介

  氏名 役職 出身大学 得意分野・得意疾患 専門医・認定等
副院長目片 英治滋賀医科大学医学部
昭和63年卒業
 
  • 日本外科学会
     認定医、専門医、
     指導医 
  • 日本消化器外科学会
     認定医、専門医
     指導医 
     消化器がん外科治療
     認定医
  • 日本大腸肛門病学会
     専門医
  • 日本がん治療認定医機構
     暫定教育医、認定医
研究検査科長長谷川 正人埼玉医科大学
昭和55年卒
 
  • 日本外科学会
     認定医 
  • 日本消化器外科学会
     認定医
外科医長瀬戸山 博 金沢大学医学部
平成元年卒
  • 日本外科学会
     認定医、指導医
  • 日本消化器外科学会
     認定医
外科医長太田 裕之滋賀医科大学
平成10年卒
消化器外科
大腸肛門疾患
  • 日本外科学会
     専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会
     専門医・指導医
     消化器がん外科治療認定医
  • 消化器病専門医
  • 大腸肛門病専門医
  • がん治療認定医
  • 乳癌学会認定医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • インフェクションコントロールドクター
赤堀浩也 外科医長赤堀 浩也滋賀医科大学
平成11年卒
  • 消化器外科
  • 肝胆膵疾患
  • 日本外科学会
     専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会
     専門医・消化器がん
     外科治療認定医
  • 日本肝胆膵外科学会
     高度技能専門医
  • 日本内視鏡外科学会
     技術認定医
  • 日本腹部救急医学会
     腹部救急暫定教育医
     ・腹部救急認定医
  • 日本がん治療認定医機構
     がん治療認定医
外科医長小島 正継滋賀医科大学
平成15年卒
消化器外科
一般外科
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会
      専門医
      消化器がん外科治療
      認定医
  • 日本消化器病学会
      消化器病専門医
  • 日本がん治療認定医機構
    がん治療認定医
  • 日本乳癌学会認定医
  • マンモグラフィ読影認定医
イメージ女性 外科医師富田 香  

トピックス

肝胆膵外科高度技能専門医 着任

肝臓・胆道・膵臓といった肝胆膵疾患に対しては、集学的治療(手術、化学療法、放射線療法)が重要となります。
当センターでは、

  1. 手術高度技能専門医による安全で確実な手術(症例に応じ、滋賀医科大学附属病院と連携も可能)と周術期管理が可能
  2. 化学療法:がん治療認定医(常勤医)とがん薬物療法認定薬剤師(常勤薬剤師)が連携して、化学療法 (外来、入院どちらも可)にあたる
  3. 放射線療法:放射線科医による放射線治療設備を用いた放射線治療が可能

個々の患者様の病態に応じて、院内関係各科と連携した集学的治療を一貫して行うことが可能です。

乳腺専門医 (女性非常勤医師3名) による治療

より専門的で高度な乳腺疾患に対する診療(手術や化学療法)が、当センターで提供できる体制を開始しています。


診療方針

  • 個々の患者さんにとって最善の治療が提供できるよう、そして治療後に高い満足度を得られることを目標としています。
  • 原則、各疾患ガイドラインに準拠しますが、患者様ならびにご家族に丁寧で十分な説明を行い、治療内容を納得していただいたうえで、治療を受けていただくよう心掛けています。
  • 医療安全の確保に努めながら、先端医療など新しい情報や技術を常に取り入れて、技術向上に励み、最終的に患者様に還元できるようスタッフ一同が心に刻み、日々の診療にあたります。

診療体制と内容

個々の症例に応じた最善の治療を提供するために、消化器外科専門医による診療を提供しています。

  • がんなどの悪性疾患に対しては、当センター内の消化器内科、放射線科と行う消化器カンファレンスを定期的に開催するほか、必要時は、滋賀医科大学附属病院から、より専門性の高い技術をもった医師とともに連携して、最善の治療を提供する体制を取っております。
  • 腹腔鏡手術に関しては、当院は 日本内視鏡外科学会技術認定医が在籍し、腹腔鏡手術に関しては安全第一を考えて、大腸がん・早期胃癌・胆嚢疾患・ヘルニアなどで腹腔鏡手術を行っています。
  • 東近江医療圏の中核病院として、がんなどの悪性疾患や一般外科領域のほか、外傷などの救急外科領域にも対応できる体制となっています。

各領域の概要

食道胃腸外科 (食道がん・胃がん・大腸がん等)

食道がん手術や下部直腸がんに対する腹腔鏡下肛門括約筋切除(ISR)による肛門温存手術などの先進的手術は、滋賀医科大学附属病院医師と連携して実施しているほか、胃がんに対しては、一部リンパ節転移のない進行がんにも腹腔鏡手術を、大腸がん(結腸・直腸がん)には積極的に腹腔鏡手術を行っています。

肝胆膵外科 (肝がん・胆道がん・膵がん等)

肝切除、血管合併切除を伴う膵切除などの高難度手術も適応を選んで実施しています。肝胆膵疾患においては、手術のみならず、全身化学療法や放射線治療を組み合わせた集学的治療が必要とされます。
化学療法は、がん治療認定医およびがん薬物療法認定薬剤師が連携して治療にあたっています。外来化学療法室を備える当センターでは、外来通院による化学療法を行うことで、患者様の日常生活を極力維持できるよう努めています。
放射線治療は、常勤の放射線科医により行われます。当センター放射線科は、診療部門と治療部門に分かれていて、当センター備え付けの照射機器を用いた放射線治療を行っています。

一般外科診療 (胆石症、鼡径ヘルニア、痔核、急性虫垂炎・胆嚢炎、消化管穿孔、腸閉塞等)

良性疾患に対する定期手術のほか、腹部救急疾患に対する緊急手術も行っています。腹部救急暫定教育医・腹部救急認定医が常勤しているほか、当センター麻酔科(麻酔科学会専門医・指導医)ならびに救急科(日本救急医学会救急科専門医、日本集中治療医学会専門医)と連携して、迅速かつ適切な外科治療と周術期管理(集中治療含む)を行う体制をとっています。

認定施設

  • 日本外科学会 外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会 専門医制度指定修練施設
  • 日本消化器病学会認定施設


ページトップへ