泌尿器科

スタッフ紹介

  氏名 役職 出身大学 得意分野・得意疾患 専門医・認定等
泌尿器科医長
坂野 祐司 滋賀医科大学
平成5年卒
  • 泌尿器科全般
  • 日本泌尿器科学会
       専門医・指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会
       腹腔鏡技術認定医
泌尿器科医長
前澤 卓也 滋賀医科大学
平成10年卒
  • 泌尿器科全般
  • 日本泌尿器学会
       専門医・指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会
       腹腔鏡技術認定医
  • 日本がん治療認定医

診療内容

泌尿器科で扱う疾患とは

泌尿器科では、尿路・男性生殖器の疾患の診断・治療にあたっています。対象となる主な疾患・病態は、排尿障害(前立腺肥大症、過活動膀胱、神経因性膀胱、尿失禁)、各種の泌尿器癌(副腎腫瘍、腎がん、腎盂・尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣腫瘍、陰茎がんなど)、尿路性器炎症性疾患、尿路結石症、勃起障不全(ED) などです。


尿路結石について
長らく治療手段が限られ患者様には大変ご迷惑をおかけしておりましたが、平成27年度より結石破砕用レーザー機器、および体外衝撃波結石破砕装置を導入しすべての結石患者様への治療を当院で行えるようになりました。これらの機器を有効に使用し質の高い結石治療を行って参ります。また結石破砕治療後は、採取した結石の分析を行い結果に応じ細かな生活指導を行っております。

各種がん治療について
近年低侵襲手術としてスタンダードとなった腹腔鏡手術については、常勤医2名が腹腔鏡技術認定医資格を有しており、腎腫瘍、腎盂尿管がん、副腎腫瘍に対する腹腔鏡下手術を行っております。 
また抗がん剤、分子標的薬を必要とする患者様も、なるべく患者様の生活の質 ( QOL ) を重視し、可能な限り外来で行って参ります。

前立腺がん検診について
高年齢人口の急激な増加や食生活の欧米化に伴い、前立腺がん症例が急激に増大しており、当院においてもその発見・治療に力を入れています。採血にてPSA(前立腺特異抗原)を測定し、直腸診による前立腺の触診や経直腸超音波を用いて検診を行います。 50歳以上で当科を受診された方には、PSAの確認をおすすめしています。前立腺がんの可能性が比較的に高い場合には、組織の評価のために前立腺針生検を行います。前立腺針生検は基本的に一泊入院で検査を行っております。

前立腺肥大症  過活動膀胱等 排尿に関する疾患について
50歳以降の男性に多くみられる前立腺肥大症に対しては、薬物治療、手術療法を積極的に行っています。また近年尿意切迫感・頻尿・尿失禁を主な症状とする過活動膀胱の診断・治療も専門的に行います。これらの排尿障害の診断に、ウロダイナミックスシステムを導入し、尿流測定や膀胱内圧測定を行っています。 当科では感染予防、日常の生活の質の改善の観点から、極力排尿用のバルーンカテーテルは留置せず自己導尿手技をご指導することで自然に近い排尿、畜尿ができるよう心掛けております。

膀胱鏡検査について
膀胱がんや尿道結石、前立腺肥大の確認や各種処置に用いる尿道・膀胱鏡(カメラ)は軟性鏡を使用しており、麻酔を行わずに痛みの少ない膀胱鏡検査を行うよう努めています。

女性臓器脱、尿失禁に対する手術について
当院婦人科を中心に連携をとり治療を行っております。

その他
滋賀医科大学泌尿器科講座を中心に発足した滋賀泌尿器疾患研究グループに属し、患者様の同意の元、個人情報に留意をしながら臨床研究を行っております。

その他の治療困難患者様についても、滋賀医科大学泌尿器科学講座と綿密な連携をとりながら治療致します。いずれの診断や治療においても、患者様にとって最善、最良の治療が行えるよう詳しく説明し、ご理解・納得をいただけるよう心がけています。

なお、避妊を目的とした パイプカット手術は当院ではおこなっておりません。

  • 当科の週間スケジュール
 
月曜
火曜
水曜
木曜
金曜
午前
外来
外来
ESWL*
外来
ESWL*
外来
手術
外来
午後
処置
検査
手術
処置
検査
手術
手術

* ESWL : 体外衝撃波結石破砕術

入院患者数

(のべ人数ではわかりにくいため、新患入院患者数または退院患者数)

2014年度
151人
2015年度
168人
2016年度
213人

入院患者の疾患の内訳

 
腎がん
膀胱がん
前立腺がん
腎盂尿管がん
その他の悪性腫瘍
2014年
10
32
6
7
3
2015年
7
34
9
4
4
2016年 5 27 14 9 10
 
前立腺肥大症
結石性腎盂腎炎
尿路感染症
尿路結石症
その他
2014年
14
9
21
24
20
2015年
10
5
13
38
27
2016年
10
9
11
66
52

外来患者数

(1日平均の新患・再来数でも、1カ月でも可)

2014年度
21.8人/日
2015年度
25.5人/日
2016年
26.9人/日

検査、処置 実績

(1年間の診療科で行う検査の概数:検体検査は不要、診療科独自の検査)

 
2014年
2015年
2016年

膀胱鏡検査

207
384
342

前立腺針生検

35
35
43

膀胱内圧測定

28
15
11

逆行性腎盂造影

5
5
5

膀胱造影

4
2
3

自己導尿指導

8
15
10

その他

3
1
13

計 

290
450
427

外科系診療科では手術数

(手術名・疾患名に応じた実数)

 
2014年
2015年
2016年

根治的腎摘

3 ( 3 )

5 ( 5 )

1 ( 0 )

腎尿管全摘

4 ( 4 )

2 ( 2 )

2 ( 2 )

尿膜管摘除

0 ( 0 )

0 ( 0 )

1 ( 1 )

骨盤内臓全摘除

0 ( 0 )

0 ( 0 )

1 ( 0 )

経皮的腎廔造設

1

2

6

経尿道的膀胱腫瘍切除

29

32

25

経尿道的膀胱砕石

2

7

9

膀胱水圧拡張術

3

1

1

経尿道的前立腺切除

14

10

9

経尿道的内尿道切開

4

3

1

精巣捻転手術

3

0

0

精巣摘除(癌手術含む)

1

1

2

陰嚢水腫根治術

1

3

4

経尿道的腎尿管結石手術

14

11

17

腎嚢胞穿刺

1

8

1

経尿道的尿管ステント留置

24

27

55

対外衝撃波結石破砕術

36

その他

9

23

12

計 

117

135

183

( )内は腹腔鏡手術件数

学会報告

  1. 吉田 哲也, 馬塲 雅人, 影山 進, 成田 充弘, 河内 明宏, 新井 豊, 金 哲將, 坂野 祐司, 長船 崇, 長谷 行洋:転移性腎癌に対するスニチニブ療法の治療経験 第45回腎癌研究会 2014.7.20
  2. 馬場 雅人, 吉田 哲也, 影山 進, 河内 明宏, 新井 豊, 金 哲將, 坂野 祐司, 長船 崇, 長谷 行洋:当院および関連病院における転移性腎癌に対するスニチニブの使用経験 第52回癌治療学会 2014.8.28
  3. 伊狩 亮、荒木勇雄、水流輝彦、 前澤卓也、坂野祐司、河内明宏:過活動膀胱に対するフェソテロジンの効果発現に関する検討 第21回日本排尿機能学会 2014.9.19
  4. 藤原 遼、坂野祐司:尿道カテーテル定期交換時に発生した膀胱穿孔の1例  
    第31回滋賀泌尿器科集談会 2014.11.15
  5. 成田 充弘, 和田 晃典, 影山 進, 吉田 哲也, 長谷 行洋, 曽我 弘樹, 新井 豊, 坂野 祐司, 水流 輝彦, 永澤 誠之, 花田 英紀, 上仁 数義, 河内 明宏:去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの初期治療経験 第103回日本泌尿器科学会総会  2015.4.20
  6. 水流 輝彦, 荒木 勇雄, 伊狩 亮,前澤 卓也, 坂野 祐司, 河内 明宏:フェソテロジンの効果発現タイムコースに関する検討 
    第103回日本泌尿器科学会総会 2015.4.19
  7. 前澤 卓也, 坂野 祐司:当院における結石性腎盂腎炎の治療経験 湖東湖北泌尿器科研究会 2015.7.3
  8. 前澤 卓也, 坂野 祐司:当院における結石性腎盂腎炎の治療経験 琵琶湖泌尿器科外回りカンファレンス2015 7.19
社会活動
  1. 坂野祐司:激痛!尿路結石症 いつまでも健康でいたい人のための医療セミナー
    2017.2.11 市民公開講座 ピアザ淡海
  2. 坂野祐司:激痛!尿路結石症 市民公開講座 ~地域で支える健康~ 
    2017.3.4 きらめきホール
  3. 前澤卓也: 当院における尿路結石治療 地域医療セミナー 2017.2.23

 

 

 

ページトップへ