循環器内科

スタッフ紹介

  氏名 役職 出身大学 得意分野・得意疾患 専門医・認定等
大西正人 循環器内科部長
大西 正人 滋賀医科大学
平成2年卒
  • 心不全
  • 高血圧
  • 不整脈
  • 狭心症など
  • 医学博士
     (滋賀医科大学)
  • 滋賀医科大学総合内科学
     准教授
  • 日本内科学会
     認定内科医
  • 日本内科学会
     近畿地方会評議員
  • 日本循環器学会
     循環器専門医
  • 日本循環器学会
     近畿地方会評議員
  • 日本救急医学会
     認定ICLSディレクター
  • 日本臨床シュミレーション機構
     認定ISLSファシリテーター
循環器内科医長田中 妥典 滋賀医科大学
平成4年卒
  • 狭心症
  • 心不全
  • 高血圧
  • 不整脈など
  • 滋賀医科大学総合内科学
     非常勤講師
酒井宏 循環器内科医師
(非常勤)酒井 宏 滋賀医科大学
平成10年卒
  • 循環器疾患全般
  • 医学博士
     (滋賀医科大学)
  • 滋賀医科大学
     呼吸循環器内科助教
  • 日本内科学会
     認定内科医
  • 日本循環器学会
     循環器専門医
  • 日本内科学会認定 JMECCディレクター

診療内容

高血圧、心不全、狭心症、心筋梗塞、心房細動、心室期外収縮などの不整脈、弁膜症、閉塞性動脈硬化症など心臓、血管に関わる疾患を担当しますが、緊急度の高い重症症例の集学的医療からプライマリーケアまで、幅広く診療しています。また、滋賀医科大学総合内科学、循環器内科の教官の立場から、研修医・学生、コメディカルや東近江の救急救命士も含めた医療スタッフの指導・教育を通じて、地域医療の発展にも貢献しています。

ペースメーカー外来について

心臓ペースメーカーを使用されている患者様のための外来を下記のとおり実施しています。
ペースメーカーの電池の消耗度や機能的なチェックの実施、患者様の身体の状態に応じたペースメーカーのプログラム設定等を行います。

診療日時  
毎月1回  火曜の不定期実施  
13:00~15:00   ※完全予約制 

狭心症、心筋梗塞(只野Dr.)

診療実績

外来

外来患者数: 新来 461名、再来6,800名、合計7,261名、1日平均29.2名

入院

入院患者数: 257人、1日平均14.4人、平均在院日数: 20.6日

    内訳:
  1. 虚血性心疾患(狭心症、急性心筋梗塞、亜急性心筋梗塞、冠攣縮性狭心症、陳旧性心筋梗塞)
  2. 心不全(陳旧性心筋梗塞、拡張型心筋症、肥大型心筋症、たこつぼ型心筋症、心筋炎、僧帽弁閉鎖不全)
  3. 不整脈(心房粗細動、洞不全症候群、高度徐脈、心室頻拍、発作性上室性頻拍、完全房室ブロック、2度房室ブロック、心室期外収縮)
  4. 血管疾患(閉塞性動脈硬化症、深部静脈血栓症、胸部大動脈瘤切迫破裂、腹部大動脈瘤、右大腿動脈閉塞症)
  5. 高血圧症(原発性アルドステロン症、高血圧緊急症)
  6. 呼吸器疾患(急性肺炎、誤嚥性肺炎、慢性閉塞性肺疾患、急性気管支炎、インフルエンザ、気管支肺炎、肺癌)
  7. 救急疾患(急性アルコール中毒、熱中症、偶発性低体温症、薬物過量、窒息、心肺停止)
  8. 消化器疾患(急性腸炎、感染性胃腸炎、虚血性腸炎)
  9. 腎・泌尿器疾患(腎盂腎炎、尿路感染症、尿管結石)
  10. 神経疾患(脳梗塞、めまい)
  11. 代謝内分泌疾患(低ナトリウム血症、低血糖発作)
  12. 血液疾患(高度貧血)
  13. 整形外科疾患(腰椎圧迫骨折)
    検査件数:
  • 心臓カテーテル検査・治療: 118例 (冠動脈造影:105例(うち冠動脈インターベンション:40例)、恒久的ペースメーカ移植術:13例(新規9例 、電池交換4例 )、下肢血管形成術:6例 など)
  • 心臓CT検査:79例
  • マスター負荷心電図:45件
  • ホルター心電図・ABPM:315件
  • 心エコー検査:2,077件
  • エルゴメーター負荷心電図:48件
  • FMD(血流依存性血管拡張反応検査;動脈硬化を調べる検査): 73件
  • ABI・CAVI(baPWV):422件

学会発表(発表者に限る)

国際学会
  1. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Fujii M, Matsumoto T, Yamamoto T, Takayama T, Dohke T, Ishii C, Ohno K, Horie M. Enhanced endogenous bradykinin under chronic angiotensin-converting enzyme inhibition improves renal function in congestive heart failure. 76th American Heart Association Scientific Sessions (Orlando, Florida, U.S.A.) 2003
  2. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Fujii M, Matsumoto T, Yamamoto T, Takayama T, Kinoshita M. Combination Therapy of an Endothelin Receptor Antagonist and an Angiotensin Converting Enzyme Inhibitor Preserves Renal Function in Experimental Congestive Heart Failure. European Society of Cardiology ESC Congress 2002-Berlin (Berlin, Germany) 2002
  3. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Fujii M, Matsumoto T, Yamamoto T, Takayama T, Xinwen Wang, Kinoshita M. Endothelin stimulates endogenous nitric oxide synthase inhibitor, asymmetric dimethylarginine, in experimental heart failure. 7th International Conference on Endothelin, (Edinburgh, Scotland) 2001
  4. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Sawaki M, Fujii M, Matsumoto T, Xinwen Wang, Kinoshita M. Combination of an endothelin receptor antagonist and an angiotensin coverting enzyme inhibitor in experimental heart failure. Heart Failure Society of America 4th Annual Scientific Meeting (Boca Raton, Florida, U.S.A.) 2000
  5. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Kinoshita M. Additional effects of angiotensin II type 1 receptor blockade under chronic endothelin antagonism in heart failure. The Seventh Antwerp-La Jolla-Kyoto Reseach Conference on Cardiac Function (Kyoto, Japan.) 2000
  6. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Maeda Y, Fukai D, Sawaki M, Maeda K, Hisanaga T, Mabuchi N, Kinoshita M. Chronic treatment with a novel orally active non-selective endothelin receptor antagonist in heart failure. 70th American Heart Association Scientific Sessions (Orlando Florida U.S.A.) 1997
  7. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Maeda Y, Fukai D, Sawaki M, Kinoshita M. Chronic treatment with a novel orally active endothelin antagonist in heart failure. 5th International Conference on Endothelin (Kyoto Japan) 1997
  8. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Maeda Y, Fukai D, Maeda K, Hisanaga T. Comparison of Therapeutic Benefit with an Endothelin-A Receptor and a Mixed Endothelin Receptor Antagonist in Heart Failure. 69th American Heart Association Scientific Sessions (New Orleans Louisiana U.S.A.) 1996
国内学会
  1. 田中妥典、大西正人:適切な院内連携により肝生検を含めた精査の上、長期経過を追跡できた高齢発作性心房細動患者のアミオダロンによる肝障害の1例. 第70回国立病院総合医学会(沖縄)2016年11月12日
  2. 大西正人、田中妥典:急性肝炎の診断で他院から紹介入院し、虚血性心筋症により心不全が疑われた特発性拡張型心筋症の1例. 第70回国立病院総合医学会(沖縄)2016年11月11日
  3. 田中妥典、大西正人:肝生検を実施された上で経過を追いかけることのできた高齢者のアミオダロンによる薬剤性肝障害の一例. 第64回日本心臓病学会(東京)、2016年9月23日
  4. 大西正人、田中妥典:薬物誘発にて診断できた冠攣縮性狭心症の1例. 第19回日本臨床救急医学会総会・学術集会(郡山)、2016年5月14日
  5. 中島健太、田中妥典、大西正人、藤本剛英、近藤康生:心窩部の違和感を主訴に偶然発見された左房粘液腫の1例.第209回日本内科学会近畿地方会(メルパルク京都)、2016年3月26日
  6. 大西正人、田中妥典、五月女隆男: 薬物過量による自殺企図の2例:内科当直医が担当する精神科救急の現状. 第69回国立病院総合医学会(札幌)、2015年10月2日
  7. 田中妥典、大西正人:Stressが発症に大きく関与したと考えられるたこつぼ型心筋症の2例. 第69回国立病院総合医学会(札幌)、2015年10月2日
  8. 大西正人、田中妥典: 腎血管性高血圧症が疑われたAsk-Upmark Kidneyと考えられる腎実質性高血圧症の1例. 第63回日本心臓病学会学術集会(横浜)、2015年9月20日
  9. 田中妥典、大西正人: 鼻出血及び胆石性膵炎の両方が発症に関与したと考えられるたこつぼ型心筋症の1例. 第63回日本心臓病学会学術集会(横浜)、2015年9月19日
  10. 霍田裕明、五月女隆男、辻川知之、一岡慶紀、前野恭宏、杉本俊郎、大西正人、前田憲吾:急激に進行した中枢神経原発悪性リンパ腫(PCNSL)の1例:第209回日本内科学会近畿地方会(大阪国際交流センター)、2015年9月12日
  11. 大西正人:関係者からの情報収集が重要と痛感させられた薬物服用による自殺企図の1例. パネルディスカッション9 多職種による自殺企図者ケア(2). 第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会(富山)、2015年6月5日
  12. 大西正人: 外来高血圧患者の食塩摂取量の実態と栄養指導による減塩の効果. 第68回国立病院総合医学会(横浜)、2014年11月14日
  13. 大西正人:転落による多発外傷から偶発性低体温症、心肺停止に至った1例. 第42回日本救急医学会学術集会(福岡)、2014年10月30日
  14. 大西正人、田中妥典: 塩分制限は守られているか?(随時尿から求めた一日推定食塩摂取量の検討). 第62回日本心臓病学会学術集会(仙台)、2014年9月28日
  15. 大西正人:抗血小板薬の中止後に左大腿動脈閉塞を起こした1例. 第17回日本臨床救急医学会学術集会(栃木)、2014年5月30日
  16. 大西正人、田中妥典: 一般市民による心肺蘇生の普及・啓蒙が重要と痛感した心肺停止の1例. 第67回国立病院総合医学会(金沢)、2013年11月9日
  17. 大西正人、田中妥典: クラリスロマイシンとエルロチニブの薬剤相互作用による二次性QT延長症候群から心室頻拍,torsasde de pointesを来たした1例. 第61回日本心臓病学会学術集会(熊本)、2013年9月21日
  18. 大西正人: バイスタンダーCPRの普及・啓蒙が重要と痛感したCPA事例. 第16回日本臨床救急学会学術集会(東京)、2013年7月13日
  19. 和田広、出原亮、前田憲吾、五月女隆男、大西正人、杉本俊郎、辻川知之: COPD増悪治療中に発症したCritical illness polyneuropathyの1例. 第200回日本内科学会近畿地方会、2013年6月8日
  20. 大西正人、和田広、前野恭宏、五月女隆男、杉本俊郎、辻川知之、藤井誠, 酒井滋企、田中妥典:右季肋部痛、背部痛で発症した急性心筋炎の1例. 第199回日本内科学会近畿地方会(大阪) 、2012年12月8日
  21. 大西正人、田中妥典:左室緻密化障害に脚気心を合併した心不全の一例. 第60回日本心臓病学会学術集会(金沢)、2012年9月16日
  22. 田中妥典:3 times inflationmethod for optimal stent deployment of Endeavor stent (ZES)/retrospective analysis of our cases. 第21回日本心血管インターベンション治療学会(新潟)、2012年7月13日
  23. 大西正人:右季肋下部痛、背部痛で発症した急性心筋炎の一例. 第15回日本臨床救急医学会総会(熊本)、2012年6月17日
  24. 大西正人、森河内豊、宮嶋美希子、松村憲一:搬送先病院の医師に指示を要請せずに地域外の救急救命士が気管挿管したDNAR希望の心肺停止患者の1例. 第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会(札幌)2011年
  25. 大西正人、奥真奈美、野方華子、岡本暢之、川田早希、中村文泰、和田厚幸:アトピー性皮膚炎の感染から腸腰筋膿瘍を合併した感染性心内膜炎の一例. 第22回日本心エコー図学会(鹿児島)2011年
  26. 大西正人、森河内豊:腹部症状を契機に顕在化し急激に重症心不全に陥った巨細胞性心筋炎の剖検例. 第38回日本救急医学会・総会(東京)2010年
  27. Ohnishi M, Matsumoto T, Wada A:An autopsy case of idiopathic giant-cell myocarditis with severe cardiac failure actualized due to abdominal symptoms. 第13回日本心不全学会(福岡)2009年
  28. 大西正人, 森河内豊, 松村憲一:脳梗塞に対し組織プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)を投与後、数時間後に急性心筋梗塞を発症した1例. 第37回日本救急医学会・総会(盛岡)2009年
  29. 大西正人, 森河内豊, 星山裕介:突然の腰痛で発見された線維筋性異形成の1例. 第12回日本臨床救急医学会・総会(大阪)2009年
  30. 大西正人, 山本貴子, 松村憲一, 森河内豊, 星山裕介, 川瀬鉄典:急性冠症候群が疑われバイスタンダーCPRにより救命されたスパイナルショックの1例. 第36回日本救急医学会・総会(札幌)2008年
  31. Ohnishi M, Matsumoto T, Wada A:An autopsy for a patient with hypertrophic cardiomyopathy died by ventricular fibrillation. 第12回日本心不全学会(東京)2008年
  32. 大西正人, 星山裕介, 相馬彰, 森河内豊, 川瀬鉄典:心室細動により突然死した肥大型心筋症の1例. 第11回日本臨床救急医学会・総会(東京)2008年
  33. 大西正人, 松本武洋, 田中妥典, 楠川順也, 和田厚幸:虚血性心疾患が疑われた無症候性高血圧性心不全の1例. 第30回日本高血圧学会総会(沖縄)2007年
  34. 大西正人, 松本武洋, 田中妥典, 楠川順也, 和田厚幸, 木之下正彦, 沼田智, 川瀬鉄典, 北原博人, 川副浩平:肝機能異常により発見された心筋梗塞後心室破裂の1例. 第102回日本循環器学会近畿地方会2006年
  35. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Fuji M, Matsumoto M, Yamamoto T, Takayama T, Tsutsui T, Ishii C, Horie M:Bradykinin improves renal function under chronic angiotensin converting enzyme inhibition in heart failure. 第67回日本循環器学会総会・学術集会【Featured Research Session】(福岡)2003年
  36. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Fujii M, Matsumoto T, Yamamoto T, Takayama T, Xinwen Wang, Tsutsui T, Kinoshita M. Endothelin stimulates endogenous nitric oxide synthase inhibitor, asymmetric dimethylarginine, in experimental heart failure. 第5回日本心不全学会学術集会(仙台)2001年
  37. 大西正人, 和田厚幸, 蔦本尚慶, 澤木政英, 藤井応理, 松本武洋, 山本孝, 王新文, 前田圭子, 馬渕尚子, 林優, 筒井崇, 木之下正彦:Combination of an endothelin receptor antagonist and an angiotensin converting enzyme inhibitor in experimental heart failure. 第65回日本循環器学会学術集会(京都)2001年
  38. 大西正人, 和田厚幸, 黒川清, 山田久夫:心不全進展過程におけるエンドセリン,アンジオテンシンによる心筋の線維化の評価 picrosirius red染色法を用いて. 第40回日本組織細胞化学会総会・学術集会(京都)1999年
  39. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Sawaki M, Fujii M, Matsumoto T, Xinwen Wang, Yamamoto T, Kinoshita M. Significant roles of endothelin ETA and ETB receptors in renal function in heart failure.. 第4回日本心不全学会総会・学術集会(神戸)2000年
  40. 大西正人、和田厚幸、蔦本尚慶、澤木政英、藤井応理、前田圭子、馬渕尚子、林優、前田行治、深井大輔、木之下正彦:心不全におけるエンドセリン活性の慢性阻害下でのアンジオテンシンIIタイプ1受容体拮抗薬の付加的治療効果. 第63回日本循環器学会総会・学術集会(東京) 1999年
  41. Masato Ohnishi, Atsuyuki Wada, Takayoshi Tsutamoto, Daisuke Fukai, Masahide Sawaki, Masanori Fujii, Naoko Muabuchi, Masahiko Kinoshita: Role of endogenous cardiac natriuretic peptides after chronic inhibition of endothelin activity in heart failure. 第2回日本心不全学会総会・学術集会(札幌)1998年
  42. 大西正人、和田厚幸、蔦本尚慶、深井大輔、澤木政英、前田圭子、久永智子、馬渕尚子、前田行治、木之下正彦:慢性心不全治療におけるエンドセリンET-A/ET-B両受容体拮抗薬の意義:神経体液性因子及び腎機能の検討. 第62回日本循環器学会総会・学術集会(東京) 1998年
  43. 大西正人、蔦本尚慶、和田厚幸、前田行治、深井大輔、前田圭子、久永智子、木之下正彦:慢性心不全における内因性エンドセリンの病態生理意義ー選択的ET-A、ET-B及び両受容体特異的拮抗薬を用いての検討. 第60回日本循環器学会総会・学術集会 (大阪) 1996年
  44. 大西正人、杉本喜久、中村保幸、三ツ浪健一、木之下正彦:コハク酸シベンゾリンの催不整脈作用により心室頻拍が出現したと思われる2例. 第72回日本循環器学会近畿地方会 (大津)1991年

英文論文(筆頭著者のみ)

  1. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Fujii M, Matsumoto T, Yamamoto T, Takayama T, Wang X, Kinoshita M. Endothelin stimulates an endogenous nitric oxide synthase inhibitor, asymmetric dimethylarginine, in experimental heart failure. Clin Sci (Lond). 103 Suppl 48:241S-244S. 2002
  2. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Sawaki M, Fujii M, Matsumoto T, Kinoshita M. Significant roles of endothelin-A- and -B-receptors in renal function in congestive heart failure. J Cardiovasc Pharmacol. 36(5 Suppl 1):S140-3. 2000
  3. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Fukai D, Kinoshita M. Comparison of the acute effects of a selective endothelin ETA and a mixed ETA/ETB receptor antagonist in heart failure. Cardiovasc Res. 39(3):617-24. 1998
  4. Ohnishi M, Wada A, Tsutamoto T, Fukai D, Sawaki M, Maeda Y, Kinoshita M. Chronic effects of a novel, orally active endothelin receptor antagonist, T-0201, in dogs with congestive heart failure. J Cardiovasc Pharmacol. 31 Suppl1:S236-8. 1998

和文論文(筆頭著者のみ)

  1. 大西正人、田中妥典:降圧薬の配合剤はアドヒアランスを改善し、さらなる降圧効果が期待できる。Switching Therapy from a Multiple-pill ARB/CCB Combination to a Single-pill ARB/CCB Improves Medication Adherence and Reduces Blood Pressure . 心臓(日本心臓財団・日本循環器学会発行)45巻3号 Page269-276, 2013
  2. 大西正人、谷口晋 、松本武洋 、田中妥典 、藤井応理 、楠川順也 、和田厚幸:15歳で不整脈を指摘され、22歳に心肺停止で救急搬入された1例. 滋賀医学 2013 ; 35 : 166-167
  3. 大西正人, 宮嶋美希子, 前田清澄, 森河内豊:突然の腰痛で発見された線維筋性異形成の1例. 日本臨床救急医学会雑誌 13巻1号 Page40-45, 2010
  4. 大西正人, 山本貴子, 大村陽一, 松本武洋, 田中妥典, 楠川順也, 和田厚幸, 新阜宏文, 松村憲一, 星山裕介, 森河内豊:バイスタンダーCPRにより救命された急性冠症候群が疑われた脊髄ショックの1例. 滋賀医学 31巻 Page74-78, 2009
  5. 大西正人、橋本賢治、薬袋一夫、富増寛夫、河北成一:心タンポナーデで発症した肺癌の一例. 滋賀医学 16(2):87, 1994

 

著書(筆頭著者のみ)

  1. 大西正人. アテローム性動脈硬化症の病因、e32 アテローム性動脈硬化症アトラス(分訳)  ハリソン内科学 第4版(原著第18版)福井次矢, 黒川清 監訳 Harrison’s PRINCIPLES OF INTERNAL MEDICINE 18TH EDITION Part9循環器疾患 Section 5血管病 241章 Page1723- 1726 メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2013
  2. 大西正人. アテローム性動脈硬化症の病因、e22 アテローム性動脈硬化症アトラス(分訳)  ハリソン内科学 第3版(原著第17版)福井次矢, 黒川清 監訳 Harrison’s PRINCIPLES OF INTERNAL MEDICINE 17TH EDITION Part9循環器疾患 Section 5血管病 235章 Page1565- 1568 メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2009
  3. 大西正人, 木之下正彦 心不全 最新の診断と治療 心不全の診断と評価 神経体液因子(BNPガイドの心不全治療) 診断と治療 93巻1号 Page39-46, 診断と治療社, 2005
  4. 大西正人. アテローム性動脈硬化症の病因(分訳) ハリソン内科学 第2版(原著第16版)福井次矢, 黒川清 監訳 Harrison’s PRINCIPLES OF INTERNAL MEDICINE 16TH EDITION Part 8循環器疾患 Section4血管病 224章 Page1478-1483 メディカル・サイエンス・インターナショナル,2006
  5. 大西正人. アテローム性動脈硬化症の病因(分訳) ハリソン内科学 (原著第15版)福井次矢, 黒川清 監訳 Harrison’s PRINCIPLES OF INTERNAL MEDICINE 15TH EDITION Part 8循環器疾患 Section4血管病241章 Page1424-1429 メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2003

 

社会活動

  1. 大西正人:「息切れ、むくみはありませんか?心不全を早期発見」平成27年度第1回市民公開講座(国立病院機構東近江総合医療センター・東近江市)2015年11月15日
  2. 大西正人、田中妥典:第7回全国でPUSH運動、インストラクター(国立病院機構東近江総合医療センター、きらめきホール)2015年8月8 日
  3. 大西正人、田中妥典:第6回全国でPUSH運動、インストラクター(国立病院機構東近江総合医療センター、きらめきホール)2014年8月10日
  4. 大西正人:「時々脈が乱れるけど放っといていいの?」第18回東近江市民公開講座(アピア・東近江市)2013年11月17日

 

減塩教室(第3火曜日午後2時から、南5階病棟カンファレンス室)

大西正人、管理栄養士: 2014年10月21日、11月18日、12月16日、2015年2月24日、3月17日、4月21日、5月19日、6月16日、7月21日、8月18日、9月15日、10月27日、11月17日、12月15日、2016年1月19日、2月16日、3月15日、4月19日、5月17日、6月21日、7月19日、8月23日、9月27日、10月18日、11月15日、12月20日

 

海外研修

大西正人:ドイツ・レーゲンスブルク大学の教育センター及び第2内科学での視察、研修、2013年8月5日~25日

ページトップへ