呼吸器内科

スタッフ紹介

  氏名 役職 出身大学 得意分野・得意疾患 専門医・認定等
呼吸器内科医長
(滋賀医科大学総合内科学講座助教) 
和田 広 富山医科薬科大学
平成15年卒
  • 呼吸器疾患全般
  • 日本内科学会
     認定内科医
  • 日本呼吸器学会
      専門医、指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会
     専門医
  • 日本アレルギー学会
     専門医
  • 結核病学会
     結核、抗酸菌症認定医
呼吸器内科医師
坂下 拓人 滋賀医科大学
平成20年卒
  • 呼吸器疾患
  • 日本内科学会
     認定内科医
  • 結核病学会
     結核、抗酸菌症認定医
  • 日本化学療法学会
     抗菌化学療法認定医
呼吸器内科医師
(非常勤)
山口 将史 滋賀医科大学
  • 日本内科学会
     認定内科医、専門医
  • 日本呼吸器学会
      専門医、指導医
  • 日本アレルギー学会
     専門医

○認定施設
 呼吸器学会認定施設
 呼吸器内視鏡学会専門医制度修練施設
 日本アレルギー学会アレルギー専門医教育研修施設

診療内容

呼吸器内科領域全般

呼吸器感染症

  • 肺炎、真菌感染症など
    喀痰検査と抗生物質の治療が中心ですが、必要に応じて気管支鏡を行っています。
  • 肺結核、結核性胸膜炎
    16床の結核病棟と4床のモデル病床を有しており、排菌陽性の結核患者を受け入れています。
    結核性胸膜炎が疑われる症例に対して、局所麻酔下胸腔鏡検査を行っています。
  • 非結核性抗酸菌症
    MAC症を中心に様々な抗酸菌感染症に対応しています。
  • 間質性肺炎、びまん性肺疾患
    肺線維症を含む特発性間質性肺炎、膠原病に伴う間質性肺炎、薬剤性間質性肺炎などやびまん性肺疾患に対する診断、治療を行っております。
    必要に応じて、気管支鏡検査や呼吸器外科に依頼して、外科的生検を行うこともあります。
  • 閉塞性肺疾患
    COPD、気管支喘息など
    呼吸機能検査(拡散能含む)、呼気NO(一酸化窒素)、モストグラフ(呼吸抵抗測定)などを用いて検査を行い、気管支拡張薬や吸入ステロイドなどで治療を行っており、増悪時の治療も行っています。
  • 呼吸不全
    COPD、陳旧性肺結核、間質性肺炎などで呼吸不全を呈している場合には、在宅酸素療法、在宅人工呼吸などの導入を行っています。
    急性期では、酸素療法、人工呼吸(非侵襲的人工呼吸を含む)、ネーザルハイフローなどを用いて、呼吸管理を行っております。
    睡眠時無呼吸症候群の検査には対応しておりません。
  • 肺がん
    当院では呼吸器外科が中心となって診療をしておりますが、抗がん剤治療、放射線治療、緩和的治療など、進行度や患者さんの状態に応じて治療を行います。

診療実績

入院患者数
  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
入院患者数 169 152 156 306 245 295

入院患者の疾患の内訳

肺炎、胸膜炎21%
結核16%
間質性肺炎13%
COPD9%
肺癌8%
胸部異常影8%
気管支喘息5%
非結核性抗酸菌症4%

など

外来患者数

2015年度外来患者総数4518名
1日平均18.6人

外来患者の疾患の内訳

気管支喘息23%、
間質性肺炎15%、
COPD12%、
非結核性抗酸菌症11%、
結核6%など


検査実績

気管支鏡検査(呼吸器外科症例含む)   227例
局麻下胸腔鏡検査(呼吸器外科症例含む) 43例


学会発表

2016年

  1. 坂下拓人、和田 広、井上修平、尾崎良智、大内政嗣、上田桂子.長期間無症状で介在した歯牙による気道異物の1例.第214回日本内科学会近畿地方会:2016年12月3日:大阪
  2. 和田 広、坂下拓人、井上修平、尾崎良智、大内政嗣、上田桂子.多剤併用により治療を行ったMycobacterium fortuitumによる肺非結核性抗酸菌症の1例.第88回日本呼吸器学会近畿地方会2016年12月10日:京都
  3. 坂下拓人.市民公開講座「その咳、本当に風邪ですか?~本当は怖い肺感染症」.2016年11月26日:当院

2015年

  1. 小熊哲也、山本修平、重森度、保井洋平、丹波卯子、山之内義尚、平大樹.一般市民に対する喘息の啓発活動にピークフローメーターを用いる意義について:第64回日本アレルギー学会学術大会:平成27年5月28日:品川
  2. 坂下拓人、小熊哲也:漢方薬による薬剤性間質性肺炎の検討:東近江総合医療センター臨床談話会:平成27年8月27日:東近江
  3. 小熊哲也:吸入薬のピットフォールを伝えるためには:東近江薬剤師セミナー:平成27年9月3日:東近江
  4. 小熊哲也:楽しくやれる吸入療法連携:札幌市手稲区気管支喘息地域連携学術講演会:平成27年9月11日:札幌
  5. 小熊哲也:滋賀県における吸入指導の地域連携:泉佐野・泉南薬剤師会183回合同勉強会:平成27年10月8日:大阪府泉南
  6. 坂下拓人:~To Be Conscious~結核を見逃さないために:東近江内科集中セミナー2015:平成27年10月17日:東近江
  7. 小熊哲也:吸入療法を継続するには:近江八幡・東近江喘息連携の会:平成27年11月7日:近江八幡
  8. 小熊哲也:グループワークアドバイザー:第48回日本薬剤師会学術大会:平成27年11月23日:鹿児島
  9. 坂下拓人、小熊哲也、上田桂子、大内政嗣、尾崎良智、井上修平、大澤真.多剤併用療法にて持続排菌が速やかに停止した超多剤耐性結核症の一例:第86回日本呼吸器学会近畿地方会・第116回日本結核病学会近畿地方会:平成27年12月19日:京都

2014年

  1. 小熊哲也:滋賀吸入療法連携フォーラム(SKR)について:第12回京滋呼吸フォーラム.2014年4月19日:京都
  2. 和田 広、上田桂子、北村将司、尾崎良智、井上修平.当院における潜在性結核感染症治療の現状について.第89回日本結核病学会総会:2014年5月10日:岐阜
  3. 小熊哲也、重森度、上田桂子、北村将司、尾崎良智、井上修平:両側肺門周囲リンパ節腫脹をきたした1例:Shiga Chest Disease Conference:2014年7月24日:大津
  4. 小熊哲也:滋賀県全域における吸入療法連携について:東近江総合医療センター臨床談話会:2014年8月28日:東近江
  5. 小熊哲也:だまされたと思って吸ってみてください:東近江内科集中セミナー:2014年10月18日:東近江
  6. 小熊哲也、永井智宏、重森度、平大樹、山口将史、中野一枝、石川亮、大草真弓、寺田智祐、中野恭幸:吸入療法の一般人へのアピール方法についての検討:第24回日本呼吸ケアリハビリテーション学会学術集会:2014年10月24日:奈良
  7. 小熊哲也:東近江地区における吸入療法連携について:第3回東近江吸入療法連携フォーラム2014年11月1日:東近江
  8. 小熊哲也;東近江地区における呼吸器連携について;近江八幡、東近江喘息連携フォーラム:2014年11月1日:東近江
  9. 小熊哲也:ぜんそくを知っていますか?:東近江市民公開講座:2014年11月22日:東近江
  10. 小熊哲也、永井智宏、重森度、平大樹、山口将史、中野一枝、石川亮、大草真弓、寺田智祐、中野恭幸:医療とデザインのコラボレーション:第10回京滋呼吸器リサーチフォーラム2015年3月14日:京都

2013年

  1. 河島 暁、仲川宏昭、中野恭幸.抗PL-12抗体陽性の急速進行性間質性肺炎合併Amyopathic DMの1例.第1回KTORG症例検討会(特別症例)(2013.4.28, 京都)
  2. 仲川宏昭、中野恭幸.若年者に発症し診断に苦慮した肺放線菌合併肺癌の1例.第87回日本感染症学会学術集会(2013.6.5. 神奈川)
  3. 和田 広、出原 亮、前田憲吾、五月女隆男、大西正人、杉本俊郎、辻川知之.COPD増悪治療中に発症したCritical illness polyneuropathyの1例.第200回日本内科学会近畿地方会(2013/6/8, 神戸)
  4. 和田 広、藤田琢也、上田桂子、尾崎良智、井上修平.胸膜炎が関節症状に先行し、胸水中のADAが高値であった両側リウマチ性胸膜炎の1例.第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会(2013/6/20, 大宮)
  5. 仲川宏昭、大内政嗣、藤田琢也、尾崎良智、井上修平、中野恭幸.局麻下胸腔鏡にて摘出した胸腔内結石症の一例.第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会(2013.6.21. 大宮)
  6. 和田 広、辻川知之、上田桂子、藤田琢也、尾崎良智、井上修平.イソニアジドによる薬剤性赤芽球癆をきたした粟粒結核の1例.第81回日本呼吸器学会近畿地方会(2013/7/11, 大阪)
  7. 和田 広、上田桂子、北村将司、尾崎良智、井上修平.小青竜湯による薬剤性肺炎と思われた1例.第11回呼吸循環器フォーラム(2013/7/20, 大津)
  8. 和田 広.『そういえば最近息切れが、COPDって何?』 市民公開講座(2013/11/17. 東近江)
  9. 和田 広.咳で受診された患者に対する対処について(パネリスト).近江八幡・東近江喘息連携の会 (2013/12/4, 近江八幡)
  10. 和田 広、上田桂子、北村将司、尾崎良智、井上修平.小青竜湯による薬剤性肺炎と思われた1例.第82回日本呼吸器学会近畿地方会(2013/12/7, 大阪)
  11. 和田 広.『吸入療法の勧め方~騙されたと思って吸ってみて下さい~』第2回東近江吸入連携フォーラム(2014/3/13. 東近江)

2012年

  1. 和田 広、Nguyen Van Tho、龍神 慶、神田理恵、中川雅登、坂下拓人、福永健太郎、山口将史、小熊哲也、長尾大志、小川恵美子、中野恭幸.最大吸気量(IC)と葉別の気腫性病変との関係についての検討.第52回日本呼吸器学会学術講演会 (2012/4/24, 神戸)
  2. 和田 広、龍神 慶、福永健太郎、山口将史、小熊哲也、中野恭幸.FDGの集積亢進が見られた肺コレステリン肉芽腫の1例.第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (2012/5/31, 東京)
  3. 和田 広.COPDの増悪について.東近江医師会臨床談話会2012 (2012/8/30, 東近江)
  4. 和田 広.東近江地区の喘息治療の現状について(パネリスト).近江八幡・東近江喘息連携の会 (2012/10/27, 近江八幡)
  5. 和田 広.マイコプラズマとクラミジアの混合感染による市中肺炎の2例.東近江医師会臨床談話会(2012/11/27)
  6. 和田 広.マクロライドに抵抗性を示したマイコプラズマと肺炎クラミドフィラの混合感染による市中肺炎の2例.第80回日本呼吸器学会近畿地方会 (2012/12/15.神戸)

論文と著書

2015年

  1. Kume H, Fukunaga K, Oguma T:Research and development of bronchodilators for asthma and COPD with a focus on G protein/KCa channel linkage and β2-adrenergic intrinsic efficacy: Pharmacol Ther. 2015 Dec;156:75-89.
  2. Hiroaki Nakagawa, Masatsugu Ohuchi, Takuya Fujita, Yoshitomo Ozaki, Yasutaka Nakano, Shuhei Inoue. Thoracolithiasis diagnosed by thoracoscopy under local anesthesia. Respirology Case Reports (Journal of the Asian Pacific Society of Respirology). 3巻、3号,p102-104、2015.
  3. 和田広、井上修平、尾崎良智、北村将司、上田桂子、永谷幸裕.小青竜湯による薬剤性肺炎と思われた1例.日本胸部臨床.2016; 75(2): 197-202.

2014年

  1. 岩井宏冶、小島弓佳、小熊哲也:最重症COPD症例に対する呼吸リハビリテーション経験 体組成分析による効果の検証。理学療法湖都34号.57-60. 2015.3

2013年

  1. 和田 広、尾崎良智、藤田琢也、上田桂子、井上修平.胸膜炎が関節症状に先行し、胸水中のADA高値が見られた両側リウマチ性胸膜炎の1例.気管支学. Vol 36(2), Mar 147-152, 2014.

2012年

  1. 和田 広、中野恭幸、北市正則.発熱、両側多発結節陰影と好酸球増多を示した肝原発の血管肉腫の1例.びまん性肺疾患の臨床第4版p441-p446
  2. Wada H, Sakashita T, Shigemori W, Nagao T, Nakano Y. A case of pulmonary cholesterol granuloma: An 18F-fluorodeoxyglucose Positron emission tomography (FDG-PET) image. Am Jour Med Sci. 344(5): 414-5.Nov 2012.


    ページトップへ