総合内科

スタッフ紹介

  氏名 役職 出身大学 得意分野・得意疾患 専門医・認定等
総合内科部長 杉本 俊郎 滋賀医科大学 
平成元年卒
滋賀医大大学院 
平成7年卒
  • 内科一般
  • 腎臓・高血圧
  • 糖尿病
  • リウマチ性疾患

 

  • 日本内科学会
         総合内科専門医
  • 日本腎臓学会
        指導医・専門医
  • 日本リウマチ学会
        専門医

杉本は、木曜日に、腎臓内科・リウマチ科の専門外来を行っています。
木曜日は、外来患者数が多い都合上、紹介患者様のみの対応をいたしており、かかりつけの先生から当院地域連携室へご連絡いただき、外来予約の上、御来院ください。 
尚、腎生検が必要な腎炎、腎代償療法が必要な腎不全等の腎疾患当院で対応困難であり、腎臓の専門病院の紹介させていただくことがありますので宜しくお願い致します。

診療内容

当院の内科外来は、総合内科外来として、初診や当院かかりつけの予約外の再診の患者様に対応することを特徴としております。

総合内科外来は、滋賀医科大学総合内科学講座のスタッフが担当しており、幅広い内科系疾患に対応し、適切な専門科へ紹介いたします。

月曜日 辻川副院長
火曜日 杉本総合内科部長
水曜日 前野糖尿病内分泌科医長
木曜日 大西循環器内科部長
金曜日 杉本総合内科部長

スムーズな診療を受けていただくために、かかりつけ医のある患者様は紹介状、もしくは処方の内容がわかるお薬手帳等を持参されることをお勧めいたします。

研究実績

原著・学術論文

  1. 杉本俊郎、藤井智子:【酸塩基平衡の読み方】Stewart法的酸塩基平衡異常の解釈とその利点:腎と透析:Vol.79№2:211-218:2015/8
  2. 杉本俊郎:[併存疾患のある慢性疾患管理]慢性腎臓病と併存疾患「疼痛」を伴う場合の薬物療法:総合診療:Vol.25№12:1112-1115:2015/12

学会・研究会

  1. 一岡慶紀、杉本俊郎前野恭宏辻川知之:小児の伝染性紅斑の流行に伴い増加した成人パルボウイルス感染症例の特徴について:日本プライマリ・ケア連合学会第29回近畿地方会:口演:奈良:2015/11/29

講演会

  1. 杉本俊郎:私が最近実践している酸塩基平衡異常の考え方 水電解質異常と酸塩基平衡異常の統合を目指してこれからは、CLの時代だ:SUZUKA研修医勉強会:鈴鹿:2015/4/21
  2. 杉本俊郎:私が最近実践している酸塩基平衡異常の考え方 水電解質異常と酸塩基平衡異常の統合を目指してこれからは、CLの時代だ:平成27年度 第1回卒後臨床研修イブニングセミナー:大津:2015/4/22
  3. 杉本俊郎:私が実践している水電解質・酸塩基平衡異常の考え方:第9回臨床研修医の為の腎セミナー:沖縄:2015/10/31

臨床研究

高血糖緊急症における輸液療法の腎機能への影響に関する多施設後ろ向き観察研究

当院を受診された患者さまへ

当院では下記の臨床研究を実施しております。本研究の対象者に該当する可能性のある方で診療情報を研究目的に利用されることを希望されない場合は、下記の問い合わせ先にお問い合わせ下さい。
また、研究の実施や個人情報保護に支障の無い範囲で,ご要望があれば研究実施計画書等を閲覧できます。ご希望の方は下記の問合せ先までご連絡下さい。
何卒、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

研究課題名
(研究番号)
高血糖緊急症における輸液療法の腎機能への影響に関する多施設後ろ向き観察研究
研究責任者
(所属)
杉本俊郎 総合内科部長
本研究の目的
本研究は高血糖緊急症 (糖尿病性ケトアシドーシスや高浸透圧高血糖症候群)と診断され入院された患者さまを対象として、この病気の特徴(頻度や臨床的特徴、治療の内容と効果、予後)について他の病院、施設と共同で調査し、今後のよりよい診療を行うことを目的としています。
調査データ
該当期間
2012年1月から2016年12月までの情報を調査対象とする
研究の方法
(使用する資料等)
●対象となる患者さま
上記期間内に高血糖緊急症、糖尿病性ケトアシドーシスまたは高浸透圧高血糖症候群の診断で当院に入院された方

●利用する情報
電子カルテに記載のある診療情報の調査をおこないます。この調査において患者さまに、新た検査をお願いすることや診療費が発生することはありません。本研究は、藤田保健衛生大学医学研究倫理審査委員会の承認を得て実施されています。

●多施設共同研究
本研究は多施設共同で行われる研究です。従って、調査内容についての共有が多施設で行われますが、患者さまの個人情報は削除した上で, 暗号化による電子メールもしくは親展の形でやりとりをおこない、患者さまの個人情報が漏洩することはありません。
個人情報の
取り扱い
利用する情報から氏名や住所等の患者さまを直接特定できる個人情報は削除され、代わりに新しく符号がつけられます(匿名化)。あなたと、この符号とを結びつける対応表は、藤田保健衛生大学救急総合内科において管理担当者が厳重に保管いたします。また、研究成果は学会等で発表を予定していますが、その際も患者さまを特定できる個人情報は利用しません。
本研究の資金源
(利益相反)
本研究に関連し開示すべき利益相反関係にある企業等はありません
研究機関
東近江総合医療センター総合内科学
(〒527-8505 東近江市五智町255番地)
研究責任者
東近江総合医療センター総合内科
お問い合わせ先
電話:0748-22-3030
担当者:杉本俊郎

 

 

ページトップへ