消化器内科

スタッフ紹介

  氏名 役職 出身大学 得意分野・得意疾患 専門医・認定等
副院長辻川 知之 滋賀医科大学
昭和61年卒
  • 炎症性腸疾患の診療
  • 小腸内視鏡による小腸疾患の診断と治療への応用
  • 日本内科学会 
     総合内科専門医
     指導医
  • 日本消化器病学会 
     専門医
  • 日本消化器内視鏡学会
     専門医・指導医
  • 日本老年医学会 
     認定専門医
  • 日本消化管学会 
     認定医
  • 日本カプセル内視鏡学会
     認定医
消化器内科医長伊藤 明彦 滋賀医科大学
平成7年卒
  • 消化器内科全般
  • 消化器内視鏡治療
  • 栄養治療
  • 日本内科学会 
     総合内科専門医
  • 日本消化器病学会 
     専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会
     専門医
  • 日本静脈経腸栄養学会
     認定医
イメージ 消化器内科医師神田 暁博 滋賀医科大学
平成18年卒
  • 消化器全般
  • 内視鏡治療
  • 日本内科学会 
     総合内科認定医
  • 日本消化器病学会 
     専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 
     専門医
水田 寛郎 消化器内科医師水田 寛郎滋賀医科大学
平成22年卒
  • 上下部内視鏡
  • 日本内科学会
      認定医
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器病学会
茶谷 元晴 消化器内科医師茶谷 元晴
  • 消化器病学
  • 血液内科学
  • 臨床感染症学
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本エイズ学会

診療概要

消化器内科の外来部門は5人のスタッフが平日の外来を分担し、さらに月曜日は辻川が総合内科外来、火曜日午後は伊藤が栄養サポート外来を行っています。
内視鏡検査・治療ではすべての消化器領域をカバーし、上部・下部・小腸内視鏡は待ち時間少なく(1週間以内)行うことや、24時間緊急内視鏡を行う体制を整えることで地域住民や開業医のニーズに応えています。特に小腸内視鏡を駆使した診療に力を入れており、小腸出血に対するカプセル内視鏡とその後のバルーン内視鏡による止血術、クローン病の小腸狭窄に対するバルーン拡張、消化管再建術後の総胆管結石治療など、湖東・湖北地区におけるバルーン内視鏡診療の拠点となっています。
さらに、最近は超音波内視鏡を用いた精査を積極的に行っており、生検のための開腹術を行うことなくEUS-FNAによる病理診断可能となった症例が大幅に増加しています。
また、NSTは伊藤医長を中心に9月よりNST加算算定を開始し、学会認定教育施設として専門療法士の育成につとめ、同時に質の高い活動を目指しています。
今後は東近江地区における胃がんの早期発見に貢献できるよう、検診目的での上部消化管内視鏡検査を充実させていく予定です。


臨床実績

 ・1日平均患者数(外来) 54名(昨年 56名)
 ・1日平均患者数(入院) 33名(昨年 34名)
 ・のべ患者数  (外来) 13,555名(昨年 13,275名)
 ・のべ患者数  (入院) 12,560名(昨年 9,494名)

臨床活動報告

 上部消化管内視鏡  2,221件(内、処置221件)(昨年 2,331件)
 下部消化管内視鏡  1,163件(内、処置140件)(昨年 1,208件)
 小腸内視鏡        72件(昨年 111件)
 カプセル内視鏡      24件(昨年 21件)
 ERCP       109件(昨年 183件)

著書・原著

  1. Toshihiko Mayumi,Masahiro Yoshida,Susumu Tazuma,Akira Furukawa,Osamu
    Nishi,Kunihiro Shigematsu,Takeo Azuhara,Atsuo Itakura,Seiji Kamei,Hiroshi
    Kondo,Shigenobu Maeda,Hiroshi Mihara,Masafimi Mizooka,Toshihiko Nishidate,
    Hideaki Obara,Noriko Sato,Yuichi Takayama,Tomoyuki Tsujikawa,Tomoyuki Fujii,
    Tetsuro Miyata,Izumi Maruyama,Hiroshi Honda,Kouchi Hirata:
    Practice Guidelines for Primary Care of Abdomen 2015 J Hepatobiliary Pancreat Sci:ガイドライン:2016.23:3-36:2016
  2. 伊藤明彦:超高齢時代の内科診療~人工的水分・栄養補給とPEG~:medicina:
    Vol.53 No.10:1582-1585:医学書院:2016/9
  3. 伊藤明彦:栄養障害患者の評価~栄養障害の評価と人工的水分・栄養補給ルートの選択~:内分泌・糖尿病・代謝内科:Vol.43 no.6:464-469:2016:科学評論社:2016/9/28
  4. 辻川知之伊藤明彦、五月女隆男、居出健司:各種検査の適応と意義 検体検査と心電図検査:臨床雑誌「内科」:Vol.118 no.4:699-706:南光堂:2016/10
  5. 辻川知之:第4章:4.栄養療法[1]栄養療法の位置づけ[2]栄養療法の特徴と適応[3]使用する栄養剤の種類[4]投与の仕方[5]活動期の投与法[6]寛解期の栄養療法5.GMA[1]GMAの適応と効果[2]GMA実施方法[3]GMA実施に際して:NPO法人日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)編クローン病の診療ガイド(第2版):43-46:文光堂:2016/10
  6. Takuya Yoshino,Hiroshi Nakase,Tomohisa Takagi,shigeki Bamba,Yusuke Okuyama,
    Okuyama,Takuji Kawamura,Teruki Oki,Hirozumi Obata,Chikaru Kawanami,
    Shinji Katsushima,Toshihiro Kusaka,Tomoyuki Tsujikawa,Yuji Naito,Akira Andoh,
    Takafumi Kogawa:Risk factors for developing colorectal cancer in Japanese patients
    with ulcerative colitis:a retrospective observational syudy‐CAPIYAL(Cohort and
    Practice for IBD total management in Kyoto-Shiga Links)studyⅠ:

    BMJ Open Gastroenterology:1-8:2016/10
  7. 辻川知之:高齢IBD患者の特徴と治療上の注意点:臨床栄養:Vol.129 No.6:750-751:医歯薬出版株式会社:2016/11
  8. Yukihikro Morita,Hirotsugu Imaeda,Atsushi Nishida,Osamu Inatomi,Shigeki
    Bamba,Masaya Sasaki,Tomoyuki Tsujikawa,Mitsushige Sugimoto and Akira Ando
    Association between serum adalimumab concentrations and endoscopic disease
    activity in patients with Crohn's disease:Journal of Gastroenterology and Hepatology :1-6:2016
  9. 辻川知之:潰瘍性大腸炎・クローン病の治療(各論)10)経腸栄養療法の実際IBDを日常診療で診る:159-164:羊土社:2017/2
  10. 辻川知之:29 整腸薬・止痢薬・炎症性腸疾患治療薬 30 下剤・浣腸薬 31 鎮痙薬・制吐薬:治療薬UP-TO-DATE2017(ポケット判):386-413:メディカルレビュー社:2017/1
  11. 辻川知之、馬場重樹          特集:腸炎まるわかり〔感染性腸炎〕カンピロバクター腸炎、サルモネラ腸炎:消化器内視鏡:Vol.29 No.1:65-70:東京医学社:2017/1
  12. 辻川知之:第1章解剖と生理・生化 Ⅱ消化と吸収 1消化とは 2吸収とは:一般社団法人日本静脈経腸栄養学会 静脈経腸栄養テキストブック:32-42:南江堂: 2017/3
  13. 井上博行、井上善文、須見遼子、伊藤明彦、中村文泰、中村智子、加藤洋一:経腸栄養剤投与方式による汚染度の比較検討‐RTH方式とTTB方式の比較‐:Medical Nutritionist OF PEN LEADERS:Vol.1 No.1:29-36:フジメディカル出版:2017/3

学会・研究会

  1. 藤本剛英、水田寛郎岡山千尋伊藤明彦、五月女隆男、辻川知之:当院における小腸
    出血に対するストラテジー:第91回日本消化器内視鏡学会総会:一般演題(口演):東京(グランドプリンスホテル新高輪):2016/5/14
  2. 水田寛郎辻川知之伊藤明彦、藤本剛英、岡山千尋、五月女隆男:腸閉塞症状で発症し、内視鏡による虫体摘出により診断、治療し得た小腸アニキサス症の2例:第91回日本消化器内視鏡学会総会:一般演題(口演):東京(グランドプリンスホテル新高輪):2016/5/14
  3. 辻川知之水田寛郎岡山千尋、藤本剛英、伊藤明彦、五月女隆男:高齢発症IBD患者の特徴と問題点:第58回日本老年医学会学術集会:口演:金沢(ANAクラウンプラザホテル金沢):2016/6/8
  4. 藤本剛英、水田寛郎岡山千尋伊藤明彦辻川知之:当院における小腸出血に対するバルーン内視鏡とカプセル内視鏡のコンビネーション:日本消化器内視鏡学会近畿支部第96回支部例会:シンポジウム:京都(京都テルサ):2016/6/11
  5. 高橋憲一郎、馬場重樹、安藤 朗、辻川知之、杉本光繁:当院における拡大機能付きシングルバルーン小腸内視鏡の使用経験:日本消化器内視鏡学会近畿支部第96回支部例会:ビデオワークショップ:京都(京都テルサ):2016/6/11
  6. 水田寛郎岡山千尋、藤本剛英、伊藤明彦辻川知之、五月女隆男:小腸内視鏡による虫体摘出により診断、治療し得た小腸アニサキス症の一例:日本消化器内視鏡学会近畿支部第96回支部例会:小腸Ⅱ-37 一般演題:京都(京都テルサ):2016/6/11
  7. 岡山千尋水田寛郎、藤本剛英、伊藤明彦辻川知之、五月女隆男:バルーン小腸内視鏡で整復可能であった成人特発性腸重積の一例:日本消化器内視鏡学会近畿支部第96回支部例会:大腸Ⅰ-54 一般演題:京都(京都テルサ):2016/6/11
  8. 高橋憲一郎、馬場重樹、藤本剛英、今枝広丞、大崎理英、西田淳史、園田文乃、稲里 理、安藤 朗、伴 宏充、杉本光繁、佐々木雅也、辻川知之:多彩な内視鏡所見を呈した家族性地中海熱非典型例の一例:日本消化器内視鏡学会近畿支部第96回支部例会:大腸Ⅲ-59 一般演題:京都(京都テルサ):2016/6/11
  9. 藤本剛英、水田寛郎岡山千尋伊藤明彦辻川知之、五月女隆男:食道胃接合部G-CSF産生腫瘍の1例:日本消化器内視鏡学会近畿支部第96回支部例会:胃Ⅰ-11 一般演題:京都(京都テルサ):2016/6/11
  10. 水田寛郎岡山千尋、藤本剛英、伊藤明彦辻川知之、五月女隆男:子宮体癌とSM大腸癌の術後再発の鑑別にEUS-FNAが有用であった転移性肝腫瘍および腹腔リンパ節腫大の一例:日本消化器内視鏡学会近畿支部第96回支部例会:大腸Ⅴ-71 一般演題:京都(京都テルサ):2016/6/11
  11. 岡山千尋水田寛郎神田暁博伊藤明彦辻川知之、田中妥典、大西正人、五月女隆男:アミオダロンによる肝障害・肝硬変を呈した2例:日本内科学会近畿支部主催第212回近畿地方会:大阪(大阪国際交流センター):2016/6/25
  12. 岡山千尋水田寛郎神田暁博伊藤明彦辻川知之、五月女隆男、佐藤 仁:東近江で多発したA型肝炎症例の検討:滋賀消化器研究会第77回学術講演会:大津(大津プリンスホテル):2016/7/2
  13. 白石智順、橋本亜由子、田村美帆、越後朋彦、田中勝久、中城有紀、西村幾美、浅田泰幸、
    堤 泰彦、岡山千尋、伊藤明彦辻川知之:経鼻胃管の咽頭交差の発生頻度と嚥下への影響:第8回日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術集会:兵庫(兵庫医療大学): 2016/7/2
  14. Toshihiro Kanda,Atsushi Nishida,Kenichiro Takahashi,Kentaro Hidaka,Hirotsugu
    Imaeda,Osamu Inatomi,Shigeki Bamba,Mitsushige Sugimoto and Akira Andoh:
    Interleukin(IL)-36α and IL-36г induce proinflammatory mediators from human
    colonic subepithelial myofibroblasts.:The 4th Asian Organization for Crohn's &
    Colitis:PE-124:京都(国立京都国際会議場):2016/7/8
  15. 辻川知之伊藤明彦神田暁博岡山千尋水田寛郎:クローン病の腸管狭窄と血清線維化マーカーとの関連について:第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会:ポスター:京都(国立京都国際会議場):2016/7/10
  16. 神田暁博、西田淳史、大野将司、今枝広丞、馬場重樹、安藤 朗:デキストラン硫酸ナトリウム(DSS)腸炎モデルに対するEnterococcus durans(TN-3)の効果についての検討:第53回日本消化器免疫学会総会:一般(口演):大阪(ホテルニューオオタニ大阪):2016/7/15
  17. 伊藤明彦:経腸栄養と微量元素~長期管理における問題点と対策~:第27回日本微量元素学会学術集会:シンポジウム:京都(京都大学):2016/7/31
  18. 伊藤明彦水田寛郎岡山千尋神田暁博、五月女隆男、辻川知之、越後朋彦:慢性偽性腸閉塞症に対しPEG-Jで腸管減圧を図り在宅療養を継続できている一例:第21回PEG・在宅医療研究会学術集会:香川(かがわ国際会議場、サンポートホール高松): 2016/9/3
  19. 岡山千尋水田寛郎神田暁博伊藤明彦辻川知之、五月女隆男、佐藤 仁:東近江で多発したA型肝炎症例の検討:日本消化器病学会近畿支部第105回例会:大阪(大阪国際交流センター):2016/9/17
  20. 陌間大輔、中泉伸彦、前野恭宏、杉本俊郎、辻川知之、近藤康生:ANCA関連性血管炎を疑われた感染性心内膜炎の1例:日本内科学会近畿支部主催第213回近畿地方会:大阪(大阪国際交流センター):2016/9/23
  21. 武村秀孝、中泉伸彦、中島智子、前野恭宏、杉本俊郎、辻川知之:Bilateral cataractis the presenting manifestation of primary hypoparathyroidism in an adult patient:第70回国立病院総合医学会:ワークショップ:沖縄(沖縄コンベンションセンター他): 2016/11/11
  22. 堀川 修、中泉伸彦、前野恭宏、杉本俊郎、武村秀孝、辻川知之:循環動態の改善により血糖1238mg/dLから280mg/dLまで低下した高血糖高浸透圧症候群の1例:第53回日本糖尿病学会近畿地方会:口演:大阪(大阪国際会議場):2016/11/12
  23. 高橋憲一郎、馬場重樹、西田敦史、辻川知之、安藤 朗:当院におけるColitic cancer/ dysplasia の17例:日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会:シンポジウム:京都(京都テルサ):2016/11/26
  24. 水田寛郎辻川知之伊藤明彦神田暁博岡山千尋、五月女隆男:黒色便を契機に発見され、内視鏡的治療を施行した十二指腸脂肪腫の一例:日本消化器内視鏡学会近畿支部第97回支部例会:一般演題:京都(京都テルサ):2016/11/26
  25. 神田暁博水田寛郎岡山千尋伊藤明彦辻川知之、五月女隆男:胃術後再建腸管ERCP症例におけるshort typeシングルバルーン小腸内視鏡の使用経験例:滋賀消化器研究会第78回学術講演会:大津(ピアザ淡海):2017/1/28
  26. 水田寛郎岡山千尋神田暁博伊藤明彦辻川知之、五月女隆男:当院におけるEUS-FNAの現況:滋賀消化器研究会第78回学術講演会:大津(ピアザ淡海):2017/1/2827.
  27. 森田幸弘、今枝広丞、西野恭平、酒井滋企、大野将司、藤井 誠、高橋憲一郎、西田淳史、稲富 理、馬場重樹、辻川知之、佐々木雅也、杉本光繁、安藤 朗:クローン病のアダリムマブ維持療法における内視鏡的粘膜治癒に必要な血清トラフ値と臨床マーカーとの関連について:第13回日本消化管学会総会学術集会:ワークショップ:名古屋(名古屋国際会議場):2017/2/18
  28. 西野恭平、今枝広丞、酒井滋企、藤井 誠、森田幸弘、大野将司、高橋憲一郎、西田淳史、稲富 理、馬場重樹、辻川知之、杉本光繁、安藤 朗:クローン病腸内細菌叢におけるClostridium hathewayiの役割と臨床的意義に関する検討:第13回日本消化管学会総会学術集会:オーラルセッション:名古屋(名古屋国際会議場):2017/2/18
  29. 高橋憲一郎、馬場重樹、辻川知之、杉本光繁、安藤 朗:当院における拡大機能付きシングルバルーン小腸内視鏡の使用経験:第13回日本消化管学会総会学術集会:コアシンポジウム:名古屋(名古屋国際会議場):2017/2/18
  30. 伊藤明彦、白石智順、山根あゆみ、越後朋彦、中城有紀、西村幾美、辻川知之:経鼻胃管の咽頭交差とその対策~最適な栄養管理法の選択を求めて~:第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会:シンポジウム:岡山(岡山市民会館):2017/2/23
  31. 布施順子、藤森亜由美、荒田桃子、中嶋容子、北代智子、高田小百合、西村直子、島本和巳、中村文泰、松村幸代、伊藤明彦、佐々木雅也:経管栄養の合併症に対する消化態栄養剤と粘度可変型流動食の有用性:第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会:一般演題:岡山(岡山コンベンションセンター):2017/2/23
  32. 山田圭子、山本佳奈子、小原史織、仁田美由希、樋口眞宏、野村一之、八田理恵、増田哲也、井口美保子、荒金英樹、伊藤明彦:退院前から始まる在宅栄養ケア~退院調整の重要性~:第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会:パネルディスカッション:岡山(ホテルグランヴィア岡山):2017/2/24
  33. 岡山千尋水田寛郎神田暁博伊藤明彦辻川知之、五月女隆男、小島正継:切除不能膵線扁平上皮癌に対し化学療法が奏功し外科的切除しえた一例:日本消化器病学会近畿支部第106回例会:大阪(大阪国際交流センター):2017/2/25
  34. 武村秀孝、中泉伸彦、五月女隆男、大西正人、辻川知之:徐脈頻脈症候群を呈したバセドウ病の一例:第24回びわこ臨床研修ネットワーク学術講演会:大津(ピアザ淡海): 2017/2/25

講演会

  1. 辻川知之:高齢者IBDの問題点:第9回K-腸疾患研究会:大阪(ホテルグランヴィア大阪):2016/4/6
  2. 伊藤明彦:NST!~栄養管理を多職種で~:ひがしおうみ栄養塾:東近江総合医療センター:2016/4/20
  3. 辻川知之:腸管ベーチェット病・単純性潰瘍の診断と治療:第5回湖東リウマチ膠原病研究会:
    近江八幡(ホテルニューオウミ):2016/6/9
  4. 伊藤明彦:PEG造設・管理における保険上の問題点-病院の立場から-:第22回関西PEG・栄養とリハビリ研究会:大阪(ホテル大阪ベイタワー):206/6/25
  5. 辻川知之:潰瘍性大腸炎中等症の治療をどう考えるか:第53回日本消化器免疫学会大阪(ホテルニューオータニ大阪):2016/7/15
  6. 辻川知之:クローン病の臨床経過と現行治療法の課題:EAファーマ(株)創薬研究所講演会:東京(EAファーマ(株)):2016/7/19
  7. 伊藤明彦:いよいよNST加算始まります!~より良い栄養管理を目指して~:ひがしおうみ栄養塾:東近江総合医療センター:2016/7/20
  8. 辻川知之:日常診療におけるクローン病治療薬の選択と内視鏡の役わり:北部IBD治療懇話会:京都(ホテルロイヤルヒル福知山):2016/8/6
  9. 辻川知之:IBD診断のピットホールと標準的治療について:東近江・彦根IBDカンファレンス:
    彦根(ホテルサンルート彦根):2016/8/18
  10. 神田暁博:小腸型クローン病が疑われた1症例の診断アプローチと治療方針:東近江・彦根IBDカンファレンス:彦根(ホテルサンルート彦根):2016/8/18
  11. 伊藤明彦:ワークショップ A:栄養アセスメント B:栄養必要量と水分必要量 C:静脈栄養と中心静脈カテーテル・症例検討 短腸症候群 AB:経腸アクセス装置、経腸栄養システム・症例検討 短腸症候群:日本静脈経腸栄養学会 TNT研修会近畿地区:草津(フェリエ南草津):2016/8/20~21
  12. 神田暁博水田寛郎岡山千尋伊藤明彦辻川知之:当院における消化器内視鏡治療について(ESD)を中心に:第34回東近江総合医療センター臨床談話会: 東近江(八日市ロイヤルホテル):2016/8/25
  13. 辻川知之:クローン病の難治性に対する治療戦略:炎症性腸疾患の治療戦略を考える会:
    彦根(彦根キャッスルリゾート&スパ):2016/9/8
  14. 伊藤明彦:最期までココロとカラダに栄養を~在宅高齢者の栄養をめぐる問題点~:甲賀・湖南うつ病・認知症・在宅医療等懇話会:水口(水口センチュリーホテル): 2016/9/8
  15. 伊藤明彦:目指せ!経腸栄養の達人~その適応とトピックス~:テルモ・臨床栄養セミナー:東京:2016/9/10
  16. 岡山千尋:成人特発性腸重積症について:第2回滋賀消化器疾患シンポジウム:大津(琵琶湖ホテル):2016/9/10
  17. 辻川知之:バイオを中心としたクローン病治療と栄養療法の役わり:第15回神奈川クローン病治療研究会:横浜(横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ):2016/10/13
  18. 伊藤明彦:高齢者の栄養管理~栄養投与法の選択から水分管理まで~:明治ニュートリションセミナー:香川(レグザムホール):2016/10/15
  19. 辻川知之:消化器医からみたクスリのリスク-悪化は病気のせい?それとも?-:第3回東近江内科集中セミナー:東近江総合医療センター:2016/10/15
  20. 伊藤明彦:高齢者の栄養をどうするか~症例を通してみんなで考えよう~:ひがしおうみ栄養塾:東近江総合医療センター:2016/10/19
  21. 神田暁博:症例検討:琵琶湖消化器カンファレンス:草津(クサツエストピアホテル): 2016/10/27
  22. 岡山千尋:正しい知識を身につけよう~吐きくだしのあれこれ~:東近江総合医療センター市民公開講座:東近江総合医療センター:2016/11/27
  23. 伊藤明彦:ワークショップ A:栄養アセスメント B:栄養必要量と水分必要量 C:静脈栄養と中心静脈カテーテル 症例検討:短腸症候群 A:経腸アクセス装置 B:経腸栄養システム 症例検討:短腸症候群:日本静脈経腸栄養学会 TNT研修会近畿地区:大阪(エル・おおさか):2016/12/10~11
  24. 辻川知之:バルーン内視鏡の適応と注意点:第31回日本消化器内視鏡学会近畿セミナー:
    大阪(大阪国際交流センター):2017/1/29
  25. 水田寛郎:アニキサス症例について:第35回臨床談話会:東近江地域医療支援センター:2017/2/23
  26. 神田暁博:大腿骨頭壊死を合併した小腸型クローン病の症例:第8回びわこIBDセミナー:
    草津(ホテルボストンプラザ草津):2017/3/18

座長・司会

  1. 伊藤明彦:第24回京滋NST研究会:京都(メルパルク京都):2016/5/28
  2. 辻川知之:日本消化器内視鏡学会近畿支部第96回支部例会:京都(京都テルサ): 2016/6/11
  3. 辻川知之:滋賀消化器研究会第77回学術講演会:大津(大津プリンスホテル):2016/7/2
  4. 伊藤明彦:リハビリ栄養の理論と実践:第8回日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術集会:兵庫(兵庫医療大学):2016/7/2
  5. 伊藤明彦:医療も介護も集まれ!高齢者の食を多職種で支える実技セミナー:京滋摂食嚥下を考える会第7回大会:セミナー司会・閉会挨拶:南草津(アイメップ):2016/7/23
  6. 伊藤明彦:第21回PEG・在宅医療研究会学術集会:香川(かがわ国際会議場、サンポートホール高松):2016/9/3
  7. 辻川知之:第2回滋賀消化器疾患シンポジウム:大津(琵琶湖ホテル):2016/9/10
  8. 伊藤明彦:おうみ栄養塾:大津(大津旧公会堂):2016/9/24
  9. 辻川知之:第7回京滋IBDコンセンサスミーティング:京都(メルパルク京都):2016/10/1
  10. 辻川知之:第5回関西Bio Safety Forum:大阪(ホテルグランヴィア大阪):2016/10/29
  11. 辻川知之:京滋CDDE講演会2016:京都(ANAクラウンプラザホテル京都):2016/11/19
  12. 伊藤明彦:滋賀PEGケアネットワーク:草津(済生会滋賀県病院):2016/11/20
  13. 伊藤明彦:第4回在宅歯科医療研修会「医療も介護も集まれ!地域の食を多職種で支える実技セミナー」: 東近江(東近江総合医療センター):2016/11/23
  14. 辻川知之:東近江総合医療センター市民公開講座:東近江(きらめきホール):2016/11/27
  15. 辻川知之:滋賀消化器研究会第78回学術講演会:大津(ピアザ淡海):2017/1/28
  16. 辻川知之:平成28年度滋賀医科大学地域医療教育研究拠点市民公開講座「いつまでも健康でいたい人のための医療セミナー」:大津(ピアザ淡海):2017/2/11
  17. 伊藤明彦:第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会:岡山(岡山コンベンションセンター):2017/2/24
  18. 辻川知之:シンポジウム4 急性腹症:第53回日本腹部救急医学会総会:横浜(パシフィコ横浜):2017/3/3
  19. 辻川知之:第8回びわこIBDセミナー:草津(ホテルボストンプラザ草津):2017/3/18

その他

  1. 伊藤明彦:北海道PEGサミットin小樽:北海道(グランドパーク小樽):2016/8/6~7

論文査読

滋賀医科大学雑誌 3(辻川知之)
Digestion 1(辻川知之)
Clinical Nutrition 1(辻川知之)
Digestive Endoscopy 1(辻川知之))
Journal of Gastroenterology 2(辻川知之)
Journal of Gastroenterology & Hepatology 2(辻川知之)
World Journal of Gastroenterology 9(辻川知之)

教育

  1. 辻川知之:滋賀医科大学 専門課程(消化器系)特別講義『炎症性疾患内科』:2016/5/31
  2. 辻川知之:滋賀医科大学 専門課程(臨床診断学)『便秘・下痢』:2016/10/18
  3. 辻川知之:滋賀医科大学 専門課程(臨床診断学)『食思(欲)不振』:2016/10/18