個人情報の取り扱い

個人情報保護方針

当院は信頼の医療に向けて、患者さんに良い医療を受けていただけるよう日々努力を重ねております。「患者さんの個人情報」につきましても適切に保護し管理することが非常に重要であると考えております。そのために当院では、以下の個人情報保護方針を定め確実な履行に努めます。

1.個人情報の収集について
当院は、患者さんの個人情報を収集する場合、診療・看護及び患者さんの医療に関わる範囲で行います。その他の目的に個人情報を利用する場合は、利用目的をあらかじめお知らせし、ご了解を得たうえで実施いたします。ウェブサイトで個人情報を必要とする場合にも同様にいたします。

2.個人情報の利用及び提供について
当院は、患者さんの個人情報の利用につきましては以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて使用いたしません。
◎患者さんの了解を得た場合
個人を識別あるいは特定できない状態に加工1して利用する場合
◎法令等により提供を要求された場合
当院は、法令の定める場合等を除き、患者さんの許可なく、その情報を第三者2に提供いたしません。

3.個人情報の適正管理について
当院は、患者さんの個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、患者さんの個人情報の漏洩、紛失、破壊、改ざん又は患者さんの個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。

4.個人情報の確認・修正等について
当院は、患者さんの個人情報について患者さんが開示を求められた場合には、遅滞なく内容を確認し、当院の「患者情報の提供に関する指針」に従って対応いたします。また、内容が事実でない等の理由で訂正を求められた場合も、調査し適切に対応いたします。

5.問い合わせの窓口
当院の個人情報保護方針に関してのご質問や患者さんの個人情報のお問い合わせは下記の窓口でお受けいたします。
窓口  「個人情報保護相談窓口」

6.法令の遵守と個人情報保護の仕組みの改善
当院は、個人情報の保護に関する日本の法令、その他の規範を遵守するとともに、上記の各項目の見直しを適宜行い、個人情報保護の仕組みの継続的な改善を図ります。

この方針は、患者さんのみならず、当院の職員及び当院と関係のあるすべての個人情報についても上記と同様に取り扱います。

 

1 単に個人の名前などの情報のみを消し去ることで匿名化するのではなく、あらゆる方法をもってしても情報主体を特定できない状態にされていること

2 第三者とは、情報主体及び受領者(事業者)以外をいい、本来の利用目的に該当しない、または情報主体によりその個人情報の利用の同意を得られていない団体または個人をさす

 

平成21年 4月 1日
独立行政法人国立病院機構 東近江総合医療センター 院長

診療情報の提供及び個人情報の保護に関するお知らせ

当院では、患者様への説明と納得に基づく診療(インフォームド・コンセント)および個人情報の保護に積極的に取り組んでおります。

診療情報の提供

ご自身の病状や治療について質問や不安がおありになる場合は、遠慮なく、直接、担当医師または看護師に質問し、説明を受けて下さい。この場合には、特別な手続きは必要ありません。

診療情報の開示

ご自身の診療記録の閲覧や謄写をご希望の場合は、遠慮なく、担当医師または「相談窓口」に開示をお申し出ください。開示・謄写に必要な実費をいただきますので、ご了承ください。

個人情報の内容訂正・利用停止

個人情報とは、氏名、住所等の特定の個人を同定できる情報を言います。

当院が保有する個人情報(診療記録等)が事実と異なると考えになる場合は、内容の訂正・利用停止を求めることができます。担当医師にお申し出ください。調査の上、対応いたします。

個人情報の利用目的

個人情報は以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて利用いたしません。

診療のために利用する他、病院運営、教育・研修、行政命令の遵守、他の医療・介護・福祉施設との連携等のために、個人情報を利用することがあります。また、外部機関による病院評価、学会や出版物等で個人名が特定されないかたちで報告することがあります。詳細は別紙に記載します。

当院は卒後臨床研修病院および医療専門職の研修病院に指定されており、研修・養成の目的で、研修医及び医療専門職の学生等が、診療、看護、処置などに同席する場合があります。

ご希望の確認と変更

治療、外来予約(診察・検査・処置・指導等)や入院予定の変更、療養給付・保険証等の確認等、緊急性を認めた内容について、患者様ご本人に連絡する場合があります。ただし、事前に各科外来窓口または受付までお申し出があった場合は、連絡いたしません。

外来等での氏名の呼び出しや、病室における氏名の掲示を望まない場合には、お申し出下さい。ただし、事故防止、安全確保のためには、呼名および氏名の掲示が望ましいです。

電話あるいは面会者からの、病棟等の問い合わせへの回答を望まない場合には、お申し出下さい。

一度出されたご希望を、いつでも変更することが可能です。お気軽にお申し出下さい。

相談窓口

ご質問やご相談は、各部署責任者または以下の個人情報保護相談窓口をご利用下さい。 個人情報保護相談窓口   1階 医事 入院受付

平成17年 4月 1日
独立行政法人国立病院機構 東近江総合医療センター 院長

個人情報の利用目的について

窓口において提供していただいた個人情報につきましては、独立行政法人国立病院機構において、以下の目的のために利用させていただくことがあります。
もしこれらの中で利用することに同意できないものがありましたら、窓口までお知らせください。そのようなお知らせがなければ同意があったものとして取り扱わせていただきます。
なお、今後同意できないと思われた場合は、撤回、変更等をすることが可能です。その時点で窓口までお知らせくださるようお願いします。

(当病院内部での利用)
①患者さんに医療サービスを提供するため
②患者さんに提供した医療サービスに関する医療保険事務を行うため
③患者さんに関係する入退院等の病棟管理、会計・経理、医療事故等の報告、医療サービスの向上のため
④その他当院の管理運営業務に関する利用のため

(他の事業者等への情報提供を伴う利用)
⑤他の医療機関等との連携のため
⑥他の医療機関等からの照会への回答のため
⑦患者さんの診療等にあたり、外部の医師等の意見・助言を求めるため
⑧検体検査業務の委託その他の業務委託のため
⑨患者さんの家族等への病状説明のため
⑩医療保険事務の委託のため
⑪審査支払機関へのレセプト提出のため
⑫審査支払機関又は保険者からの照会への回答のため
⑬事業者等からの委託を受けて健康診断等を行った場合における、事業者等へのその結果通知のため
⑭医師賠償責任保険・医療事故調査制度などに関する専門の団体保険会社等への相談又は届出等のため
⑮医療サービスや業務の維持・改善のため
⑯当院内において行われる医療実習への協力のため
⑰症例研究のため
⑱外部監査機関への情報提供のため

 

患者さん、付添人様各位


  • 独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律第11条に基づく個人情報ファイル簿の公表 個人情報ファイル簿(平成29年3月31日更新)

  • 独立行政法人国立病院機構文書管理規程第12条に基づく文書ファイル管理簿の公表
    法人文書ファイル管理簿 (平成28年3月31日更新)

臨床検査を終了した検体の使用について

東近江総合医療センター研究検査科は安全で質の高い医療のため、正確で精度の高い臨床検査を担保し(精度管理)、迅速に提供するよう努めています。そのため、日常の精度管理、新しい測定機器・試薬の検討・評価、技術習得のための教育・研修を行っています。
これらは臨床検査を終了した残余検体(血液、尿、体腔液など)の再利用により実施可能となり、日常診療および臨床検査の質の向上のために必要であると考えております。

対象

当院で臨床検査を終了した後の残余検体

使用内容

個人情報を削除したうえで、下記の内容を実施いたします。

  • 臨床検査用試薬および測定装置の性能評価(内部精度管理を含む)
  • 臨床検査項目の基準値の設定およびその検証
  • 臨床診断において他法による検査が必要である場合(乖離データの原因解析)

倫理的配慮について

『臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について -日本医学検査学会の見解-』を遵守し、氏名、生年月日、住所、電話番号などの個人情報を削除し、使用させていただきます。遺伝子解析等の検査は行いません。 これらは診療に必要な臨床検査が終了した残余検体を使用させていただきますので、患者様が不利益を受けることはございません。

※残余検体の再利用にご承諾いただけない場合は、採血室受付、生理機能検査受付、または下記連絡先までお申し出ください。お申し出がない場合は、ご承諾いただいたものと判断し、残余検体を再利用させていただきます。

独立行政法人国立病院機構 東近江総合医療センター
  院長 井上 修平

連絡先
東近江総合医療センター 研究検査科
代表者 研究検査科長  長谷川 正人
責任者 臨床検査技師長 森脇 貴美
0748-22-3030(代表)内線4501

ページトップへ