第10回 東近江総合医療センターCPCを開催いたしました


日 時 : 平成28年1月14日(木)17時30分~18時30分
場 所  : 東近江総合医療センター 内 (きらめきホール) 

症例提示: 『けいれん後ショック状態と著明な貧血を来した
                     アルコール多飲の一例』
          東近江総合医療センター 副院長 辻川 知之
 

病理報告: 滋賀医科大学病理学講座
             分子診断病理学部門准教授 向所 賢一 




1月14日(木)、第10回臨床病理検討会(CPC)がきらめきホールで開催されました。
『けいれん後ショック状態と著明な貧血を来したアルコール多飲の一例』当院 辻川副院長
の症例提示が行われ、その後滋賀医科大学病理学講座分子診断病理学部門 向所賢一准教授
より病理解剖報告がありました。

(東近江医師会長他会員の先生方、当院関係部門医師及び研修医等50名参加)



ページトップへ