開放型病床のご利用について

医療機関の方へ

開放型病床のご利用

当院と協定を交わしている東近江医師会及び近江八幡市・蒲生医師会所属の登録医の先生方に限りご利用いただけます。
当院では、開放型病床が全科対象に5床あります。

登録医申請手続き

詳細は「東近江総合医療センター開放型病院実施要項」をご覧ください。
「登録医申請書」を所属の医師会事務局に提出してください。
  申請書受理後、登録医証明書・認定証を交付いたします。

開放型病床への入院手続き

「診察予約申込書」に必要事項を記入のうえ開放型病床入院欄に✓を入れ、地域医療連携室(0748-22-5626)にファックス送信してください。

開放型病床での診療手順
  • ご来院の際は地域医療連携室までお越しください。白衣・名札・パスワードをご用意し病室をご案内いたします。
  • 診療後、診療指導記録を開放型病院共同指導票に記載下さい。
     3部複写となっております。 1)登録医 2)病棟保管 3)医事課
  • 帰院後、貴院診療カルテに診療記録(開放型病院共同指導料算定に必要)。
  • 診療時間は、原則として8時から17時までです。時間外にお越しの際は、病棟に事前連絡をお願いいたします。
  • ※登録医で算定できる点数
開放型病院共同指導料(Ⅰ) 350点(1日につき1回)
退院時共同
指導料1
(在宅療養支援診療所) 1,000点
(1入院につき1回)
但し、退院時共同指導1は、在宅療養となる患者様にかぎります。
(上記以外) 600点
(1入院につき1回)
その他の診療報酬 登録医が手術の執刀・手術助手・検査等をされる場合は、当院規定の診療報酬をお支払いいたします。

 

お問い合わせ先
地域医療連携室 TEL0748-22-3111 FAX0748-22-5626

患者様へ

開放型病床(オープンベット)とは

開放型病床とは、「かかりつけ医と当院の医師とが共同して診療を行う」病床のことです。
当院では、全科対象に開放型病床が5床あります。
入院中から退院後まで、かかりつけ医が当院医師と協力し一貫した治療を受けることができます。

利用方法

開放型病床をご希望の方は、当院の登録医であるかかりつけ医にお申込ください

費用

① かかりつけ医(登録医)が入院中の患者様の病室を訪問し診察された場合、

共同指導料として一回の診療につき下記の費用負担があります。

自己負担割合 登録医からの請求額

病院からの請求額

※登録医と共同指導の場合
3割の方
(協会健保、国保、組合、共済等)
 (70才以上で現役並み所得者)
1,050円 660円
2割の方(高齢受給者:70才~74才) 700円 440円
1割の方(後期高齢者:75才以上) 350円 220円
乳児等の公費関係の方 0円 0円

詳細は、医事科入院係にお問合せください。
TEL0748-22-3030 内線2734

 

ページトップへ