研究検査科

生化学検査

採血された血液は、写真のように血清と血球(血餅)に遠心分離されます。血清の中には蛋白や糖などの栄養素や、ミネラル・酵素のように体の細胞のはたらきを維持するのに必要な成分が含まれています。この血清を用いて肝臓機能や腎臓機能、膵臓機能を化学的に、腫瘍マーカーや肝炎ウィルスなどの検査を免疫学的に分析しています。

生化学自動分析装置
 
生化学検査

生化学検査
TP,ビリルビン,GOT,GPT,LDH,ALP,CPK,γ-GTP,
BUN,クレアチニン,コレステロール、トリグリセライド,HDL-C,
CEA,PSA,CA19-9,肝炎ウィルス,甲状腺ホルモン血糖などを測定しています。
  血液を遠心分離
戻る

血液学検査

採血した血液の一部は薬剤を用いて固まらないようにしたあと、貧血や炎症、血小板減少症、白血病などの血液疾患を診断するために赤血球や白血球、血小板の数を調べます。また、血友病や、体の中で血液を固まりにくくするお薬(ワーファリンなど)を服用されている患者様の、お薬の服用量を調整するために、血液に含まれる凝固因子の測定をします。他に糖尿病における血糖値のコントロール状態を知るためのヘモグロビンA1c、血液を造るからだの働きをより詳しく調べるための骨髄検査、健康診断や手術の前などに実施する血液型検査などを行っています。

血液を顕微鏡で1000倍に拡大して観たところ
(細胞を観察しやすいように着色(染色)していま
す)

戻る

病理組織検査

病巣から直接採取した組織や内視鏡検査にて食道、胃、大腸や気管支、肺などからごく一部だけ採取した組織、または手術で取り出した病変部位は適切に処理したのち、臨床検査技師によって病理組織標本というものが作成されます。これを医師が顕微鏡で詳細に観察し、良・悪性を含めた病理組織診断を行います。また、必要に応じて手術中に採取した組織を直ちに臨床検査技師が病理組織標本を作成し、医師がその場で診断を行う「術中迅速病理組織診断」も行っています。この結果をもとに主治医はその場で手術方針の決定をします。

病理組織標本(手術にて取り出した肺の一部) 

病理組織標本(手術にて取り出した肺の一部)

病理組織標本(内視鏡検査で大腸の一部を採取したもの) 

病理組織標本(内視鏡検査で大腸の一部を採取したもの)

戻る

細胞診検査

皆さんが日常排泄している尿や喀痰の中には「細胞」が含まれています。また、自然に細胞が排泄されない臓器(乳腺や甲状腺など)から細胞を得るために病気の部分を針で刺したり、子宮などは疑わしい部分を直接ブラシで軽く擦ったりすることがあります。これらに含まれる細胞に悪性もしくは悪性を疑う細胞がないかを検査するのが細胞診検査(細胞診)です。対象になるのは、尿(泌尿器)、喀痰(肺)、女性生殖器(子宮)、乳腺、甲状腺などです。採取された細胞はスライドガラスと呼ばれるガラスに載せ、特殊な染色を施したのちに細胞検査士(臨床検査技師の中でも日本臨床細胞学会から認定を受けている技師)が悪性細胞を顕微鏡で探します。悪性もしくは悪性を疑う細胞が見つかった場合は医師によってその細胞がどのような癌であるかという診断がされます。

細胞診標本(子宮頸部の粘膜をブラシで採取したもの) 

細胞診標本

戻る

生理機能検査

  • 生理機能検査は、検査の対象が直接患さま自身となりますのでご協力ください。
  • 生理検査室は、心臓、肺、脳神経などの関連検査を行っています。  
  • 検査の都合上、予約制にしておりますが臨機応変に対応したいと考えていますのでご相談下さい。  
  • また、地域連携室からの依頼もお受けしていますのでご利用ください。
検査内容
  • 心電図検査(安静時、運動負荷、24時間など)  
  • 超音波検査(心臓、頸動脈、四肢血管など)  
  • 肺機能(肺の大きさや、1秒間にどれだけはき出せるかなど)  
    この検査は患者様の協力なしでは出来ません。  
  • 脳波検査  
  • 神経伝導速度検査  
  • 誘発電位検査  
  • その他

生理検査室では、常に医師と連携しながら検査内容の充実と、レベルアップを目指しています。

戻る

細菌検査

色々な検査材料(喀痰、咽頭粘液、血液、尿、便、膿など)より、病気を引き起こす微生物を探し出し、どのお薬が治療に有効かをしらべます。

微生物検査の流れ

  1. 検査材料
    患者様から提出される検査材料には喀痰、咽頭粘液、血液、尿、便、膿などがあります.
  2. 顕微鏡検査検査
    材料をスライドグラスに薄く塗り、染色液で染め細菌の有無を調べます。    
    結核菌検査は集菌法により迅速対応しています(約40分)。
    (主に一般細菌はグラム染色、結核菌は蛍光染色とチールネルゼン染色)
     
    (画像左)グラム染色 紫色の点状のものが細菌(この場合、グラム陽性球菌
    (画像右)チールネルゼン染色 赤く染まって見えるのが結核菌
     いずれも顕微鏡で1000倍に拡大した画像です
  3. 培養検査
     
    細菌の発育に必要な栄養を含んだ寒天培地に検査材料を塗り(画像左)、
    37℃で通常1晩で菌を増やします(画像右・白い点状のものが発育した菌塊)
    結核菌は、他の細菌と比べて発育に要する時間が非常に長いため、       
    結果が出るまでに3週間から8週間程度必要です。
  4. 同定検査
    培地に発育した細菌の性状を調べ、病因菌の菌種を決定します

    (安全キャビネットで作業をする技師)
  5. 感受性検査
    病気を引き起こしていると考えられる菌について、有効な抗生物質を調べます
結核菌遺伝子検査(PCR検査)

結核菌のDNAを遺伝子増幅法で増やすことにより、結核菌の特異遺伝子の存在から菌の有無を知る方法で、結核菌をはじめ3種類の抗酸菌(結核菌の類縁菌)を調べることが出来ます。培養検査に比べ感度が良く迅速に結果を得ることができます。

迅速検査

インフルエンザA、B抗原検査やA群β溶連菌抗原検査など迅速診断キットを使用して、30分以内に検査結果の報告を行なっています

・インフルエンザA、B抗原検査

・アデノウィルス抗原検査

・A群β溶連菌抗原検査

・RSウィルス抗原検査

・尿中肺炎球菌抗原検査

・尿中レジオネラ抗原検査

・ノロウィルス抗原検査

・クロストリジウムディフィシル毒素抗原検査

戻る

輸血検査

より安全な輸血療法を提供できるように、臨床検査科において血液製剤の発注から保管、血液型検査、交差適合試験、出庫、副作用情報までを一元管理しています。
輸血に関連する検査は以下のとおりです。

血液型検査

ABO型 と Rh型(D抗原)の検査をしています。

画像はオモテ試験 通常はオモテ試験とウラ試験という2種の方法で血液型を検査して、両検査結果が一致して血液型が決定されます。

不規則抗体スクリーニング検査

血液型に対する抗体のうち、生まれながらにして持っている抗体(たとえばA型の人はB型に対する免疫抗体を持っている)を規則性抗体といいます。それに対し、生後に獲得した血液型に対する抗体を不規則性抗体といい、輸血歴や妊娠歴などにより産生されることがあります。

 安全な輸血療法を実施するには、事前に患者さまから不規則性抗体の有無を検査し、適合する血液を準備する必要があります。

交差適合試験

患者様血液と輸血予定血液との適合性を最終的にチェックする検査です。
試験管内で患者様血清と輸血予定赤血球を混合し、さらに鋭敏に不規則性抗体が存在すれば確認できるように反応増強剤(蛋白分解酵素やアルブミン、クームス血清など)を添加し、37℃で一定時間反応させて適合の可否を検査します。

血液センターから供給される主な血液製剤

・照射人赤血球濃厚製剤・・高度の貧血により抹消循環系へ十分な酸素供給することを主な目的とします。

照射人濃厚血小板製剤・・血小板成分を補充することにより、出血を防止し止血を図ります。

新鮮凍結血漿(FFP)・・凝固因子の補充による治療投与を行います。

画像は照射人赤血球濃厚製剤

戻る

ページトップへ