研究検査科

研究検査科の業務は、大きく検体検査と生体検査の二つに分けられます。検体検査は患者様からの血液や尿・便・組織などを用いて生化学検査・血液検査・免疫検査・感染症検査・病理組織検査を行います。また、生体検査は生理機能検査と呼ばれ、患者様の生体内の電気や圧力の変化を信号として取り出し、心電図や脈波の様に波形として記録し、あるいは超音波を用いて画像として記録します。
私たち研究検査科のスタッフは、検査結果は『正確かつ迅速』が使命と考え、日本医師会精度管理調査等に積極的に参加し、検査データの精度維持・向上に努めると共に、『患者様の立場で考え行動する』を心がけ日夜業務に臨んでいます

生化学・免疫検査 血液検査 病理組織検査
細胞診検査 生理機能検査 細菌検査
輸血検査 血液検査結果の読み方(PDF)

研究検査科スタッフ

臨床検査技師    
臨床検査技師長 森脇 貴美 日本糖尿病療養指導士
副臨床検査技師長 齊藤 由美 国際細胞検査士
特定化学物質等作業主任者
有機物溶剤作業主任者
細菌血清主任 野上 毅  
血液主任 山中 淳  
病理主任 栗山 陽子 認定輸血検査技師
認定血液検査技師
二級臨床検査士 血清
生理学主任 篠浦 久嗣 超音波検査士(消化器)
医化学主任 佐伯 仁志 国際細胞検査士
有機物溶剤作業主任者
認定一般検査技師
  長岡 由香理 特定化学物質等作業主任者
  小椋 由紀 超音波検査士(循環器)
  伊藤 美里  
  村中 絵理 細胞検査士
  一瀬 亮介 二級臨床検査士
(免疫血清学、臨床化学、血液学)

 

ページトップへ