リハビリテーション科

スタッフ (平成30年4月1日現在)

リハビリテーション科医長 1名
理学療法士 7名
作業療法士 4名(非常勤1名含む)
言語聴覚士 1名

業務内容

運動器リハビリ

外傷・骨折・変形性関節症・脊椎疾患などに対して、関節可動域の改善や筋力増強、 ADLの向上を目的としたリハビリを実施しています。

呼吸器リハビリ

肺癌・肺炎・COPDなどの疾患に対して、呼吸機能の向上やADLの拡大を目的としたリハビリを実施しています。平成18年より肺癌等の 周術期リハビリも開始しました。

脳血管障害リハビリ

脳血管障害、神経・筋疾患などに対して、麻痺の改善やADLの拡大を目的としたリハビリ、また構音障害、失語、高次機能障害のリハビリを実施しています。

摂食機能療法

嚥下機能の低下など食事の摂取に問題のある方を対象に、摂食機能の評価、訓練を行っています。



当院でリハビリテーションを実施される方の大半は、病気の発症直後や手術後の早いうちから開始されることがほとんどです。はじめは慣れずに不安に思われることもあるかと思われます。
患者様本人だけでなく、ご家族の方も不安なことや分からないことがございましたら遠慮なくご相談ください。

※当院のリハビリテーション科は主に入院患者の方を対象にしております。

機能訓練室

広く開放的な部屋でプラットホーム、ティルトテーブル、トレッドミル、エアロバイク、平行棒、各種歩行補助具などが設置され、症状、重症度にあわせたリハビリを行っています。

機能訓練室1 機能訓練室2

ページトップへ