新しいスタッフのご紹介

H29.08.1 新スタッフ紹介

img
皮膚科高山 悟

8月より皮膚科に赴任致しました高山悟と申します。
平成15年に神戸大学を卒業後、滋賀医大及び関連病院で勤務しておりました。
地域の皆様方のお役に立てるよう尽力して参ります所存ですので、 今後とも御指導御鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

H29.07.1 新スタッフ紹介

産婦人科中多 真理

皆さん、こんにちは。7月1日から、東近江総合医療センター産婦人科の4人目の常勤医として赴任しました中多です。
平成15年に滋賀医科大学を卒業したのち産婦人科専門医を取得し、滋賀県各地の総合病院で勤務してきました。その傍らで自らの妊娠・出産を経て、現在2児の母として育児の大変さを実感しています。
患者様のニーズに応えるべく今後も日々研鑽を積み、少しでも地域の皆様のお役に立てるよう尽力したいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

H29.4.1 新スタッフ紹介

赤堀 浩也 
外科赤堀 浩也

このたび外科として赴任しました赤堀浩也と申します。1999年に滋賀医科大学を卒業し、県内外の関連施設で研修したのち、昨年度までは同大学病院で肝胆膵外科、とくに膵疾患の治療を担当しておりました。当院では東近江地域医療のニーズに応えられるよう、消化器外科全般において日々研鑚に励む所存ですので、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

星 参
耳鼻咽喉科星 参

H12年に滋賀医科大学を卒業後、大学や関連病院での勤務を経て、H29年4月より東近江総合医療センターの耳鼻咽喉科に赴任しました星 参です。
前任地の長浜赤十字病院では、甲状腺癌や唾液腺癌などの頭頚部腫瘍を、慢性副鼻腔炎や鼻内腫瘍に対しては鼻内視鏡手術を主に担当していました。 当院の耳鼻咽喉科は長らく常勤医が不在でしたので、外来や入院の体制でまだ不備な点があり、ご迷惑をおかけすることになると思いますが、少しずつ体制を整えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

img
整形外科本原 功二郎

広島大学卒、大津日赤で研修後、滋賀医大、公立甲賀病院と勤務し、4月から当院でお世話になります。昨年、整形外科専門医を取得しましたがまだまだ修行の途上です。よろしくお願いします。出身は大津の旧市街ですが、十月には大津祭という曳山祭があります。13基の曳山が巡行し、私は「孔明祈水山」の囃子方として参加しています。祭の魅力は、からくり人形や厄除け粽投げ等いくつもあります。どうぞ観に来てください。

img
小児科星野 絵美

平成29年4月より東近江総合医療センター小児科に赴任して参りました。医師7年目の星野絵美と申します。滋賀医科大学卒業後、大学附属病院で初期研修をおこない、母校の小児科に入局しました。その後は同院で後期研修医として1年半、長浜赤十字病院で2年半勤務しておりました。小児の診療はもとより、悩みを抱える保護者の方々に安心を提供できるよう精進して参ります。皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

img
呼吸器外科苗村 祐樹

卒後5年目、呼吸器外科医の苗村佑樹と申します。昨年度まで滋賀医科大学付属病院で勤務しておりましたが、この4月より新しく当院で勤務させて頂くことになりました。
勤務形態やカルテなどから学ばなければならない現状ではありますが、一日も早く、患者様をはじめスタッフの方々のお役に立てますよう精進して参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

弘部 悠
歯科口腔外科弘部 悠

東近江総合医療センター歯科口腔外科の弘部悠と申します。滋賀医科大学歯科口腔外科で2年間の研修を経て、本年4月から配属となったため、卒業後3年目となります。歯学部、研修医を修了しておりますが、未だに至らない点が多く、御迷惑をおかけすることが多々あるかとは存じます。病院関係者の皆様、患者さんには多くを学ばせて頂きたく考えておりますので、温かく御指導、御鞭撻の程宜しくお願いします。

茶谷 元晴
消化器内科茶谷 元晴

消化器内科へ赴任しました医師4年目の茶谷元晴と申します。滋賀医科大学医学部附属病院にて3年間研修を行って参りました。総合的な観点からあらゆる疾患に対応する力を養いつつ、専門である消化器病および感染症診療を東近江地域の皆様により良く提供できるよう日々研鑽に励みたいと考えております。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

H28.11.1 新スタッフ紹介

外科油木 純一

私は京都大学農学部で農林経済学を学んだ後、群馬大学医学部に学士編入学しました。地元の滋賀県に貢献したいと思い滋賀医大で初期研修をしました。滋賀医大の消化器・乳腺一般外科に入局し、医局の人事で平成28年10月から東近江総合医療センターに赴任しております。今まで学んだ技術や知識を活かして東近江の医療に貢献したいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。

薬剤部古川 哲也

10月より薬剤部長として赴任致しました古川哲也です。
現時点では赴任後約二週間程経過したところで、過去にご一緒した
方々にも一通りお目にかかる事が出来ました。
又、単身赴任の為の引っ越しや片付けも終わり、先日の休日には妻
と日牟禮八幡宮にお詣りに行きました所、前に並んでいたのは何と
前勤務施設である兵庫中央病院の院長先生ご夫妻だったという偶然
に遭遇し、何かこの地域とのご縁を感じた次第です。
これまで私は広島県の国立呉病院に始まり近畿地方を転々として東京も含め9回の異動を経験して来ました。そのため、転勤には慣れているのですが、子供たちが大学に行くようになり、今では一家4世帯となっているという状況に未だ馴染めないでおります。
さて、当センターの薬剤部は若い人が多く良くも悪しくも非常に活気があります。しばらくは産休入、育休復帰が続きますが、今後十分力を発揮して貰えるよう教育・指導に努めてまいりたいと考えております。
これからも東近江総合医療センターの基本理念・基本方針に則り薬剤部一丸となり、又、全ての部署の皆様と協力して更なる当センターの発展に貢献できるよう努力してまいりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

H28.4.1 新スタッフ紹介

麻酔科早藤 昌樹

平成28年4月1日付けで東近江総合医療センターに手術部長(麻酔科医)として着任いたしました。昭和61年に信州大学を卒業し京都府立医科大学第3内科で医師としての研修を開始しました。内科医として9年間過ごしたのち、母校・信州大学にて麻酔科医のトレーニングを始めました。その後、父の死を契機に故郷滋賀県に舞い戻りました。私が初めて麻酔器のバッグを握ったのは蒲生町病院でした。外科の鈴木先生が子供の虫垂炎の手術をしておられ、当時内科医だった私がレスピレーター代わりにバッグを握った時です。信楽高原鉄道の事故のニュースを見たのは能登川の医局だったことを覚えています。「因縁」まさしく「つながり」を感じております。改めてよろしくお願いいたします。

呼吸器内科和田 広

このたび、呼吸器内科として赴任しました和田広と申します。私は平成26年3月まで当院で2年間ほど勤務しておりましたが、その後は滋賀医科大学に戻り、再び東近江総合医療センターに戻ってくることとなりました。東近江地区は呼吸器内科医が少ないこともあり、結核だけではなく、閉塞性肺疾患、びまん性肺疾患、感染症など幅広い疾患に対して、対応していきたいと考えております。以前とは違って常勤医が2人の体制となっておりますので、可能な限り地域のニーズにこたえられるように頑張っていきたいと思います。

外科太田 裕之

滋賀医大を1998年に卒業し、関連病院および滋賀医大病院での勤務を経て2016年4月より赴任した太田裕之と申します。大学では大腸骨盤外科とくに大腸癌の治療を専門としておりました。今後は地域密着型のニーズに即した消化器・乳腺一般外科診療に取り組んでいきたいと考えております。近隣の医療機関の皆様と連携を図り、患者さんのライフステージに応じた切れ目のない医療の提供を心がけて参ります。今後ともご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

総合内科陌間 大輔

平成28年4月より東近江総合医療センター総合内科に赴任いたしました陌間大輔と申します。自治医科大学を卒業後、滋賀医科大学にて2年間の初期研修を終え、昨年度は蒲生医療センターにて内科外来、在宅医療を担当しておりました。家庭医療・総合診療を専門としております。医師4年目で、まだまだ若輩者でございますが、地域の皆様の健康に貢献すべく尽力いたしますので、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

糖尿病・
内分泌内科
中泉 伸彦

医師5年目の中泉伸彦と申します。滋賀医科大学を卒業後、滋賀医大付属病院で2年間の研修の後、同病院で2年間糖尿病・内分泌内科医として勤務しておりました。大学病院では主に糖尿病の診療並びに、内分泌疾患の診療に従事しておりました。
この地域で診療するにあたり、開業医の先生方、各医療機関の先生方に御指導・御高配を賜わりながら、地域に根ざした診療ができればと考えております。宜しくお願い申し上げます。

消化器内科神田 暁博

平成28年4月より東近江総合医療センター消化器内科に赴任して参りました神田暁博と申します。滋賀医科大学を平成18年に卒業しております。消化器内科では内視鏡検査・治療及び化学療法などを行っております。わかりやすい説明を心掛け、よりよい医療を常に提供できるよう努めていきたいと思います。宜しくお願い致します。

産婦人科中村 暁子

今年度より東近江総合医療センター産婦人科に赴任しました中村暁子と申します。滋賀医科大学を卒業後、昨年度までは同大学病院で勤務しておりました。
新しい環境で、日々新鮮な気持ちで勉強させていただいております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

小児科
田中 克典

2016年4月より東近江総合医療センター小児科医師として赴任させていただくことになりました田中克典と申します。滋賀医科大学卒業後8年目となります。2年間の初期研修を滋賀医科大学附属病院で修了し、同大学小児科学講座へ入局しました。同大学附属病院小児科で3年間、長浜赤十字病院で2年間の研修を経て現在に至ります。
東近江地域医療に貢献できるよう、日々研鑽して参りますので、何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ

トップページへ
看護部ウェブサイト
病棟案内
お問い合わせ
指定医療機関
各種学会認定施設