トップメッセージ

新年のご挨拶
        

2013年(平成25年)4月1日に東近江総合医療センターと名称が変わり早いもので4年が経過しようとしています。当院の目標である地域の中核病院としての役割は果たしているでしょうか?当院を取り巻く東近江医療圏でも少子高齢化の影響を受けて徐々に人口が減少してきました。また当院の新入院患者数や救急搬送件数の伸びもプラトーに達した状況となっています。その中でも昨年、地域連携室の機能を拡大し近隣の病院・医院からのアクセスの利便性の向上を図り、顔の見える関係作りを目標に頑張ってきました。今年は患者さん中心の医療を目指すために「病院機能評価」を受診し中核病院としてのステップアップを行う予定で職員一丸となって準備中です。
一方で当院は「滋賀医科大学地域医療教育研究拠点」としても位置づけられており、引き続き医学生や研修医の教育を行うとともに「基幹型臨床研修病院」としても独自に研修医の募集・教育を行っています。
また地域住民への健康への意識啓発としてはもっと充実した内容での市民公開講座の継続を行っていく予定になっています。
今後の中核病院としての機能充実のためには、「地域がん診療連携拠点病院」、「地域医療支援病院」、「災害拠点病院」の指定病院になることが必須です。
以上の状況から東近江総合医療センター理念のマイナーテェンジを行いました。今年の挨拶として最後に理念を示しますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

********************************************
私たちは、満足いただける最良の医療を提供するとともに、確かな技術と豊かな人間性を備えた医療人の育成に努め、地域に根ざした中核病院として信頼される病院を目指します。
********************************************

 

 

     2017年1月    独立行政法人国立病院機構 東近江総合医療センター
院長(呼吸器外科) 井上修平

ページトップへ